まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

タグ:自然農

こんにちは!

先日のお野菜売り出し、沢山ご応募いただいて本当にありがとうございます。

よーし!!来年はもーーーーーっと沢山の人に
お届けできるくらい作っちゃうぞーーーーーーー!!!!

ということで、
来春のむけての畑の準備を最近はしています。

自然農を始めるときはだいたい11月〜12月の雪が降る前までに、
畝を作ります。

一回つくればもう次の年からは特に何もしません。
耕さないのが自然農ですからね♪

私は最近新しい畑ができたので、
そこの畝を作っています。

今疎開村にきている、まいちゃんに手伝っていただきながら…


マリノン第2ふぁーむです。
まずは、枯れ草などをどける作業から。
畝を作るところの草を邪魔にならないところへよけます。
画像9
画像10
うんしょ、よいしょ…

画像11
畝はだいたい120mが、オールマイティに色んな野菜を育てられるのでおすすめだそうです。
両側から手をのばして作業できて、ムダがない。
120mは草取り鎌三個分くらいです。
(写真で見ると、クワでほってるとこらから、熊手がおいてあるところまで)

その120mの両脇、鎌1個分位をクワで少しづつほり、
畝にその土をあげていきます。

画像12
畝が弧を描くように、土をならします。
草はそのまま。
石や、枝など堅いものは取り除きました。

画像1
そしたら今度は米糠をまきます。
これは、土の状態が良くないからですね。
ここの土は、すごく乾いていて、虫もあまりいません。
有機物を含ませ、上から草をかけておけば、発酵して菌が集まり、
土に養分が混ざってくれる…はず☆
そして虫もきてくれる…はず☆

画像15
枯れ草をかけました。
本当は畝の横までびっしり草をかけたいところなのですが、
ここは草もまだすごく少ないのですよね。
気温も大分低くなってしまいましたし…。

画像16
なんとか、畝の4つ目が完成。
今回は高さのある畝になりました。
土を深めに掘ると、上にのせる土の量が増えるので、
高めの畝になります。

高めの畝は日当りもよく、風通しも良く、水はけもよく、
乾燥を好む野菜を育てるのに適しています。

低めの畝は湿度が必要な野菜を育てるのに適しています。

だから、畝の高さはバラバラでもいいのですよ〜☆

でも、ここは、畑全体に傾斜が有り、もとから
日当りも水はけも風通しも良さそうなので、
そんなに高さのある畝は必要ないかもしれませんね。

面白い事に、第1ふぁーむは全くその逆。
日当りも水はけも風通しもよくないので、
高めに畝を作りました。

元田んぼな上に、周りをコンクリートに囲まれているのです。

畝作りは、そんな感じで、畑の環境を考えて高さや向きを決めます。



あと、タマネギへの補いをしました。
補いとは…タマネギが育つためのお手伝い…なのですけど、
タマネギは栄養や環境をしっかり整えてあげないと育ちません。
画像4
先月半ばに植えた、タマネギの苗たち。
真ん中に空豆を植えています。

画像5
野菜の切れ端などを細かく切って、乾かしたものをまき、(栄養)

画像6
米ぬかをまき、(栄養)

画像7
更に上から籾殻をまき、(保温、保湿)

画像8
籾殻が飛ばないように、青草を少しのせました。(保温、保湿)
種がついていないような草が良いです。
タマネギは他の草に負けやすいのです。

種屋さんに行くと、肥料は春にあげるように言われるみたいですね。
自然農の先生曰く、多分それは化学肥料だからだろうとのことでした。
化学肥料は即効性があるんですよね。

有機物の補いは、微生物が分解する時間が必要です。

だから、タマネギの場合は冬がくる前に補います。

微生物が分解しているときにガスがでているそうなのですが、
それは発芽したてや、まだ小さい頃には悪く作用してしまうそうです。

他の野菜に対しても、米ぬかなど補うときは、
ある程度大きくなってからあげます。



ところかわって故郷ファーム☆
大豆がとれましたよ。
画像1
うんしょ、よいしょ…

画像2
どれがなんだか…

画像3
たーんまり。
実はまだ1畝分とってません。

やったーーー♪
お味噌つくるしかないね!
この冬は^_^

お味噌作りイベントでもやりますか♪
そしてみんなで鍋…☆

いいね〜〜〜ぬくぬくしましょう〜〜〜♡


本日も、どうもありがとうございました!


 

もう一度言いますよ! >。<
これは、秋の始まり頃に訪問させていただいた、先輩ファームの報告を
今更しているのです…!!!うう ;。; 

でもいいですよねっ♡

今日ご紹介するのは、原村ぐるぐるピース市でであったぶっちーさん。 

画像1
 農園、縁側(えんがわ)

画像2
ぶっちーさんは自然農と慣行農のあいのこ?みたいな感じの独自スタイルを持ってらっしゃいます 。
あ、でも、農薬も化学肥料も使わない、安心安全お野菜ですよ。

じゃあ、何があいのこなの?

それは、ぶっちーさんの畑を見たらわかるかもしれません。

画像2
じゃん。

画像8
ちなみにユーポンさんの畑。

違いわかりました?
全然雑草が生えていないんです。
そして黒のビニールマルチ。整然とした感じ。
一見、他の普通の慣行農業しているところみたいなのです。

自然農をやってらっしゃる方はわかるかもしれませんが、自然農は、
土を裸にしないで他の植物を適度にはやし、他の生き物(虫や微生物)が住める環境にして、自然の循環を壊さないで、野菜も自然の循環の一部として育てていきます。
そうすることで、農薬も化学肥料もいらなくなるのですが、ぶっちーさんの畑は草も生えてなくてどうしているのでしょう?

それがぶっちーさんの畑の面白いところ。

実は、畑一周ぐるりを大麦をまいて覆うそうです。今は季節が終わり、刈ってあるので写真に残っていませんが。そうすることで虫の住む場所を確保する。

そして駐車場の雑草をある程度生やしては、ちょっと残して刈る。そこに、低い高さの草に住む虫を確保する。

そして、土の中の循環。雑草も生えて無く裸で、有機物がなさそうだけどどうしているのか。
画像12
どん。なんだろう?鶏糞です。
変なものを食べてる鶏じゃないので、くさい匂いがぜんっぜんしないんです。

画像13
ぶっちーさんは、これに、畑の土、蟹ガラ、糖蜜を混ぜて発酵させて、土の中の循環を再現しています。
本来土の中には枯れた植物や生き物の死骸が混ざり、それを微生物が分解し、その栄養をまた植物が吸い上げて、という循環が行われているのです。

画像3
えーっとえーっと、まとめると、
ぶっちーさんは、雑草がなく整備された畑で、
人口的に自然農の循環を再現し、農薬も化学肥料も使わずに野菜を作っているのです。

画像4
 それってちょっと画期的?!と私はびっくりしたのです。

何故か?

自然農をやるときに、誰もが皆といっていいほどぶつかるのが、
「雑草に関するご近所(あるいは地主)との軋轢」
なんです。

大半の人が今やっている慣行農業は、雑草や虫が天敵。
雑草ちょっとでも生やそうものなら、
「野菜に栄養がいかなくなる!」
「虫がつく!」
「種がとぶ、うちの畑に飛ぶ前にかりなさい!」
と言われてしまいます。。。

その点、このやり方なら、ご近所さんとも仲良くやっていけれます♪

実際ぶっちーさんは周りの方ととてもうまくやってらっしゃいます。
お人柄もめちゃくちゃいいですからね☆

前回のユーポンさんも、地主さんとも周りの方ともとてもうまくやってらっしゃるようでしたし。
ご近所付き合いは重要ポイントですね。


そして、ラストは農園 縁側さんのメインの野菜。
画像6
わかりますか?

ほうずきです。

画像7
画像8
ずらーーーーーっとほうずき。

私はこのほうずきの大ファンです♡
めちゃくちゃおいしいんです!!

トマトのような、フルーツのような、
すっぱ甘くて、独特の香りというか後味。ちょっとココナッツぽいような。
画像1
ああ〜〜〜輝いてる〜〜〜ぅ♡♡♡

くせになりますよ☆

是非、お試し有れ♪

カンビオさんで買えるかもです。


十人十色な畑、勉強になります。
ありがとうございました。




 

この夏の終わり…先輩ファームに遊びに行きましたー!! *\(^o^)/*
それを今さら報告だよーーー!!*\(^o^)/* 

いつもいつも溜める人でした。
夏休みの宿題も、専門の課題も、やんなきゃいけない家事も…!!
それなのにお金は溜まりませんでした!!(/ _ ; )ううっ 
それはいいから(;^_^A 

えっとですね、ひとりはユーポンさん(facebookこちら)ていう安曇野に住む方です。 
この方は自宅もご自身とご家族で作られたというツワモノ様です。
この方のお陰で私は自然農熱が再加熱!!したのでありました。 

画像5
じゃーん!こちらがユーポンさんち。作ったんですよ?!ご自身で!
ほーんと びっくりいたしました!!

画像1
ユーポンさんと、軒下に吊るされた保存用タマネギ。
こうしておけば、この冬中食べられるんですって。

画像2

 ユーポンさんちは野菜は自給できているそうです。
素晴らしい〜〜〜!!
このとき吊るしてあったのは麦かな?

画像3
鶏は卵用に。畑で余った野菜とかもばくばく食べてくれるそう。

 画像4
倉庫のカベをはうトマト。
連作障害なんて無視して毎年よくできているとか。
すごーい! 
何でもかんでもやってみるもんです。
意外とそれまでの常識がそうでなくなったりするものです。

画像6
お家の目と鼻の先にある畑、なんて理想的!!
しかもとっても豊かな畑でした。野菜の種類の多い事!
色々な作物が、雑草と生き物とうまく共存して。
とにかく「豊か〜〜〜!!!」と叫びたくなるような良い畑でした。

あ。このテツテツ、ごついやつは、建築廃材をやすーく
ゲットしたものだそうです。
そのへんも、ユーポンさんはうまいんですよ。

画像7
キャベツにパセリにセロリ!!

画像8
奥には枝豆。

画像9
レタス、そのままかじらせていただいちゃった。みずみずしかったな〜〜。

画像10
この日は、この黄色の穂の、アワの収穫の手伝いをしたのです。

画像12
たわわ…!!!!おいしそう…!!!!

画像13
休憩にはしそジュース。ほてった身体にぴったりでした。

画像14
画像15
画像16
里芋にショウガにインゲン!

画像17
更に、別の畑。カブやら大根やら人参やら…♡

画像18
育てるのが難しいと噂(?)の高きび。

画像19
キャベツ、カブ、キャベツ、カブ、、、こんなにあったら、幸せすぎる私!!!

画像21
取りきれないくらいたっくさんなっていたマイクロトマトを頑張って拾って、
カブの間引きを手伝って。こんなにいただいちゃいました☆

ついでにお夕飯もいただいちゃいました☆へへへ ^v^

画像22
神々しいなあ…

私、安曇野も大好きです。
長野っていったら、どこもかしこも素敵すぎる。
長野びいきでごめんなさい☆

ユーポンさんはとにかく自給自足、何でも自分で作る、お金をかけない、っていうのが
徹底していてすごいです。

あんなに豊かな畑を見たら、私もうずうずして、いてもたってもいられない感じ、
早く私ももっと大きな畑を持ちたいって思いました。



なんで自然農はじめたか。

ほんとは最初はもっと軽い気持ちだったと思うな。

オーガニックな野菜を沢山食べるようになるし、作る側の気持ちもわかっとかないとな、とか。
ちょっとやったらやめると思っていたんですよね。
虫も苦手だし、土いじりも別に好きではなかったし。

一年目は、ほんとにさんざんな感じでした。

ネットで調べて、こんなもんでしょって感じで、何種類かの野菜を1苗くらいずつ植えて、
でもそれがどんどん枯れて。苦笑

ほんと、お試しだからっていう気持ちでしたからね…。。。


でも、今年始めにクシマクロビオティックにいって、黒岩さん夫妻が先生できてくださってて、
「え、富士見に自然農の学校があるんだ!」って知って。
学校いきはじめたらめきめき自然農にはまっていきましたね。
黒岩さん夫妻も、本当に自然を愛しているから、私もどんどん自然への愛がでてきました。
本当に野菜が可愛くなってきて、虫も前よりずっと身近な存在になって、ちょっと
友達感がでてきて。^。^

春、学校がはじまった頃は、まだ失敗が多かったりしたけど、
秋、めっちゃくちゃだった畑が、すこーしだけ畑だよって胸はってきた気がします。

そして収穫も前よりできてきました。


命をいただく、その感じ、体験できました。


私が種を蒔いて、ちょっと命を育むお手伝いができた命。
陰ができてしまったら草をかって、でもそしたら逆に虫が集まってきちゃったりして。
失敗もしながら、ちょっとの時間だけど、共に生きた命をいただける、幸せ。


これ、一回味わってしまうと、ずーっとそうしたいって欲がでてきてしまいましたよ。。。


そして、ここにきてのユーポンさんの畑。
うらやましさいっぱい。笑

だからとにかく、畑をもっとやるのだ〜〜〜!!!
今は8畳くらいの畑だからぎゅうぎゅうで…


って思っていたら、畑を貸してもらえました!!

さて、長くなりましたが、次回はその畑を貸してくれた
ぶっちー先輩の畑をご紹介☆


お楽しみにしていてください。
つたない文章を読んでくださっていつもありがとうございます。


+++++++++++++++++++++++++++++

明日は下諏訪体育館できれいになろうよ!プロジェクトですよ♪
よかったら是非お出かけ下さいね〜〜☆

+++++++++++++++++++++++++++++

 

(疎開村通信ネットでアップしたのを転載します。てへ。)

こんにちは~! お久しぶりです、マリノンです。

今日もコタツでヌクヌクぬくぬく、幸せにゃ~(*^o^*)と猫化中♡

ミカンくれ~♡


あ、間違えた間違えた。 今日は真面目なお話です。
皆さん、ご存知かと思いますが、わたくし9月末頃から故郷ファームに関わらせて頂いています~☆

着物着て、マクロビオティックのご飯を作ったかと思えば、実は、八ヶ岳自給生活学校に通い、自然農法も勉強していたので故郷ファームにしゃしゃりでてしまいましたよ!笑 てへへ。 だってだって。畑が呼んでいたんだものっ(/ _ ; )キラリ☆

八ヶ岳自給生活学校はお隣の富士見町にある自然農法の学校で、黒岩さんというご夫婦でやってらっしゃるところです。お二人は川口由一さんに師弟していたそう。川口さんと言えば福岡正信さんや岡田茂吉さんらと並ぶ自然農法会の大御所ですね。

自然農法といっても、この三人から派生して色々なやり方があるのです。 共通して言えるのは化学肥料や農薬を使わない、耕さない、ということでしょうか。

ばっくり説明すれば福岡さん派はスピリチュアルな観点ももりこんで、大根が自生するようになるくらいの超自然派。

川口さんは、自然の力を見守りながら、野菜が雑草の力に負けるようであれば草刈りをする、枝を支えた方がいい野菜は支えを施す、など最低限の手助けをする感じ。

岡田さんは菌の力を借りたりして、川口さんよりも色々工夫を施す感じですかね。(あんまりしりません。笑)

実際はこの三派っていうよりは、もう自然農法を実践するその人、その土地 で全然違ってきますし、経験や自然との関係が全てなので、本当、一人一人でやり方は違うと思われます。

ちなみに!オーガニック野菜、有機野菜っていうのは、もっと人の手が入って管理されている野菜です。有害なものは使ってないですが、自然の力を活かして作られているかというと疑問が残る所…自然の力が活かされてないと何か問題が?

問題はないです、けどね。

スーパーで売られている野菜よりはそりゃあ安全なのですが、自然の力を活かして作った方が生命力がある野菜になるんです。


生命力をいただいて、私たちは生きている。


マクロビオティック実践しているものとしてはやはり、そこは大事ですね☆

そして、自然の力を活かした方が、土も元気になっていく。自然が元気になっていく。

同じ農業をするなら、人も地球も最大に喜ぶ農業がやりたいんです!私は。(`_´)ゞなんて熱くなったりして。


さてさて! 最近の故郷ファームを覗いてみましょう!
画像2

画像1
枝豆が色変わってきてます。大豆になってくう~!お味噌作りたいな!

画像3
大根すくすく… 

画像4
右がカブ、左が小松菜です。遅蒔きちゃんだけどどうなるかなー! 

画像5
ゆーぽんさんから頂いた、ターサイすごく元気! 

画像6
人参さんは小さめだけどできてます。 


そして、遅遅に植えた人参、実験の途中経過。
画像7
一番愛を注いだところ♡ 

画像8
京ちゃんがはじめに意地悪なことをいっていたところ。
本当に大きさに差がでました!!ビックリ。植物にも心、ありますねm(._.)m 


さてさて、お次はわたくしの畑へご案内♪
二ヶ所あります。
第一ファームは諏訪です。8畳くらいの小さな畑で、住宅街のど真ん中。色んなものをちょこまか植えています。
画像3
何がなんだか。笑 

画像4
白インゲン。乾燥させて、貯蔵。 

画像5
大根と人参が共存。

画像6
画像7
画像8
原種に近いトマト、小松菜の芽、小松菜とカブがわさーっとできてます☆ 

画像9
画像10

今日の収穫♪



では、第二ファームへ! どうぞどうぞ☆原村ですよ~!いい眺めでしょう?
画像1
画像9
画像10
画像11
九条ネギ、ブロッコリー、キャベツ… 

画像12
画像13
新玉ねぎに、白菜… 

画像1
三畝今やってます。1番右には玉ねぎ植えます。 

画像2
この畑まだこんなに使えるんです☆ わかります?オレンジの袋から向こうが先ほどの三畝で、手前の草地がまだ使ってないところです。何植えよう?(^-^) 


画像11
画像12
収穫後は、、、 収穫祭だ~!!
食うのだ食うのだ~♡
野菜シチューと、新鮮野菜のサラダ作りましたとさ☆ ちゃんちゃん☆
これまた、おいし~んですよ!くわ~!♪( ´▽`)

皆さんも一緒にいかがですか?うふふ♡

いつもみてくださってる、お礼です♡

 

今日は私が何故マクロビオティックをみんなにおすすめしているのかっていうお話です。

ようやく。笑 えーと最近重めだったのでライトに!

そもそも、マクロビオティックって何か。

詳しく知らない方から見たイメージ?ってこんなのでしょうか?
もしくは知らない方へお伝えするならざっくりこんな感じでしょうか?

  • 肉をあまり食べない、もしくは全然食べない
  • 動物性食品をあまり食べない、もしくは全然食べない
  • 玄米を食べる、もしくは雑穀を食べる
  • オーガニックや無農薬な食品を食べる 
  • (理想は自然農で作ったものや、自生しているものが良いです)
  • 良質な調味料を使う…特に、以下
  • ・白砂糖を使わない(甘味はてん菜糖、米飴、甘酒など)
    ・天然物の良いお味噌や醤油を使う
    ・自然塩を使う

  • 季節の旬な物を食べる

  • 自分が住んでいるところでとれたもの、近くでとれたものを食べる
  • 穀物(玄米や雑穀)と野菜(豆、ごま、海藻、葉菜、根菜、椎茸)と発酵しているもの(味噌、醤油、漬け物)をバランス良く食べる 

わあ~沢山ある~ってひかないでください!!笑
全部やらなきゃいけない、やりなさい、じゃないんですよ。

これらのことを、自分が何を取り入れやすいか、選んでちょっとずつやっていく、そんな感じでいいと思うんです。

無理なく、楽しんで☆ 


そして、そして、なにより大事なポイントは


感謝していただく。


これがとーーーーっても大事ですね。「添加物とっちゃいけないのに、友達にお菓子もらったからたべなきゃいけない、あああ~~。」とか思わずに感謝していただいて下さい。お友達はあなたに喜んでもらいたくて差し上げたのでしょうし、そのお菓子も元をたどれば、誰かが誰かに喜んでもらうために作られています。

逆に「これ健康にいいっていわれてるから、毎日食べなくちゃ。本当はあれ食べたいのに」とか義務感だけで、感謝なしで食べていたら健康にはならないと思います。 本当は身体によくないあれを食べたいと思っているなら、感謝してあれを食べればいいと思います。


あの、ものっっっっっっすごいよく誤解されるのでお話ししたいのですけど、少なくとも私はマクロビオティックやってますけど、食べ物を差別しているわけではないです。感謝していないわけではないです。 


全ての食べ物は命であって、他の命を食べさせていただいていることで私は生きられています。
だから本当に、全ての食べ物に感謝しています。




植物より動物の方が可哀想だから、じゃないです。確かに動物の方が人間に近く感じるので可哀想に感じやすいですけどね。ただ、動物を食べなくても生きていけるって知ったからできるだけ食べません。肉食をすることでお金も、食物も、エネルギーも沢山消費されているし、なおかつ身体機能を衰えさせてしまうと知ったから。 

食べる機会があるときは、感謝していただきます。

添加物を恨んだりしてません。戦後の日本の支えだったし、今は時間がないときいつでもご飯が食べられるので助かります。ストレスが溜まっていたときは、コンビニのお菓子を食べればスカッとしましたし。 でも、添加物がどれだけ身体に悪い影響を及ぼすか、逆に添加物は入っていない物がどれだけおいしいか知ってしまったのでできるだけ食べません。

食べる機会があるときは、感謝していただきます。

 
はい。そんな感じです。

最近ほんとに、マクロビオティック誤解されまくっていてなんだかな~と思います。

いえ、あの、マクロビオティックじゃなくてもいいんですよ、別に。

ただ、私は

 環境にも人にも優しくって、バラエティ豊かに楽しんで食べられる食事

って何かな~って探してたらマクロビオティックがぴったりきたってだけです。

初めに肉食やめようと思ったときに、ただベジタリアンになるのは気が引けました。何か、元気なくなりそうだったので。これもベジタリアンの人を誤解していて申し訳ないですけど。。ローフードも悪くなさそうですがなんか飽きそうだし偏っているように感じられました。これもローフードの人を誤解していて申し訳ないですけど。。まあ、私一個人の意見です。

で、マクロビオティックのこと調べたら、とってもバランスが良さそうだったんです。

バランスを生み出す方法とかも教えてくれますしね。ある程度ガイドラインがあって、自分で考えてバランスを生み出せるというか。上記にはあげませんでしたが、上記のような内容で食べるといいよっていうのは、全て、陰陽の考え方をもとに上げられています。 それがガイドラインです。

それについてはちょっと込み入っているので後日。

そして何よりレシピのバリエーションが豊富。
純和食をイメージする方が多いかと思いますが、今はもっとレシピ広がっています。
色んな世界の方にマクロビオティックが広まっているからだと思いますが。


はい、そんなわけで今日はざっくりとした、でも大事なところをしっかりとおさえたマクロビオティックのお話でした~~~。

マクロビオティック面白いですよ~美味しいですよ~元気になりますよ~!


では!
ご清聴ありがとうございました~!

明日も皆さんがおいしくご飯をいただけますように☆

 

このページのトップヘ