まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

タグ:神様

こんにちは。



ナマステ。

「あなたの中の神様に礼拝します。」



インドのこんにちはは、ただのこんにちはではないんですよね。
「あなたの中の神様に礼拝します。」
なんて深い意味がある。
というかむしろそんな気持ち、心が当たり前のように根付いてるなんて、なんて素晴らしい。

小さい子供でも、相手に対して、手を合わせて、お辞儀をして、「ナマステ」


どんな相手に対しても。

嫌いな人に対しても、

怒っている人に対しても、

価値観が合わなそうな人に対しても、

苦しそうな人に対しても、

傲慢そうな人に対しても、

不幸そうな人に対しても、

どんな人の中にも、神様を見いだして、「ナマステ」。


どんな人の中にも、”自分と同じように” 神様がいると思って、「ナマステ」。


まあ、日本でいきなりナマステって挨拶したら、びっくりされちゃうから、
心の中で、「こんにちは」っていいながら、ナマステってつぶやこう。


そしたら、その人の見方がきっと変わるだろうな…。

少しでも、少しでも。





私という人間は、本当単純で、思ったことは後先考えず、
相手の気持ちは考えず、はっきり物を言って今まで生きてきました。

むしろそうした方がその人の為だとさえ思っていました。
みんな全部開けっぴろげにした方がいいんだ、我慢しちゃ駄目だ〜〜!

自分がその方がすっきりするから、みんなそうだろうと思っていたのですよね。


だから知らないうちに、人を傷つけている。


大きな病気も不幸も悩みもなく生きてきて、
(でもちょっと何かあると、自分はとっても可哀想なんだって
悲劇のヒロインになっていましたが…)
わがままし放題、いいたい放題。
 

だから知らないうちに、人を傷つけている。


そんなことを最近痛いくらいわかってきました。

痛いとかいって、私が人に沢山与えてきた痛みに比べたら、
本当可愛いものですが…。

言い訳ですが、傷つけたくて思ったことを言ってる訳ではないのです、
それを言う事で、その人が傷つくなんて、夢にも思ってなかったのです。

ああ…、、、、本当にごめんなさい。




ナマステ。

みんなの中に同じように神様がいらっしゃる。
そう思えば、どんな人にも、尊敬の念を持って、かける言葉ももっと考えて言えただろう。
 
みんなの中に同じように神様がいらっしゃる。
だからといって、みんなが同じ性質を、思考を、持っている訳ではないのだ…。 


 

ああ…、、、、本当にごめんなさい。



はい、今日は完全に…、懺悔の、私の独り言です。


もっと、、、もっと、、、
心を成長させたい、と、強く思います。

地球にも人にも優しい暮らしをして、世界を平和にしたいと思っているのに、

周りの人を知らずに傷つけていたら元も子もない。


私の駄目なところを、どんどん気づかせてくれる存在に、感謝します。

も〜、駄目なところに気づいたときって、
本当衝撃的で、すごく痛い!!早く成長してこの痛いのを終わらせたい!!
と思うのですけど、心の成長に終わりはないから、
きっとまた、何回も痛いから、その度に「やった〜これでまた成長できる〜!」って
喜べるようになりたいですね〜〜〜☆目指せドMですね〜〜〜☆ 



今日は、、、
私が今まで傷つけた人たちが、幸せになりますように、
祈って終わりたいと思います。

ありがとうございました。

 

みなさん、お久しぶりです。
着物アイドルまりのんです。

あ、嘘です。

最近全然着物着てませんし!

ブログも全然更新してないですし!!

何やってたんだ、どこ行ってたんだ?!

 

実は


最後更新した、9日以降でわたくしの人生が大きく変化してしまいました。

自分でも本当にびっくりしております。



何だか知らないけど、(知ってるけど)
車中泊で半分旅のような暮らしをしていました。

夜の山の上で、カセットコンロで、
自分が育てた野菜を調理して食べ、
これがまた格別で。

上を見たら満天の星空で。

虫たちの涼しげな合唱を聞いたり、
聞いた事ないような鳥の鳴き声を聞いたり、
自然の音しかしない中で眠るって最高に気持ちよくて。

お風呂はどこかの温泉をめぐって。

そして、また昼間は自然派カフェにいって、
そこの店員さんが教えてくれた川へでかけたり。



ああ〜〜〜〜〜〜

幸せ〜〜〜〜〜〜(*^o^*)



何だか自分がどんどん自分になっていく?感覚。
自分がどんどんさらけだして、裸に、自由になっていく感覚でした。
そしてそれはまだ続いているのですが。



あるとき私は、自分の幸せは自分で作るものなんだ〜!わかった〜!
とか、
あ、目が覚めたぞ、これが本当の私なんだ〜〜!わかった〜!

って思って、
これからこれこれこうして、こういう人生にしていくんだ〜〜!

みたいな計画を一回たてて、絶対そうなる、もう決めたから
絶対そうなるんだ〜〜!

って思ってたんですけどね。



甘かった。

さすがわたくしの神様。

一筋縄では行きませんわね。


「え?それ通りいくと思ってたの?そんなん面白くなくない?
 あたしつまんないの嫌いなんだよね。
 ジェットコースターみたいに面白くないとね。」


って多分言ってたんだと思います。


プロフにもかいてありましたが、わたくし、
フランス人のパートナーがおりました。
とても、縁のある出会い方をして、相性もよくて、幸せだったので、
近々籍を入れる気満々だったのですが。

いよいよ籍を入れるぞというときに、
それを覆すような出会いがありました。

その人と出会ってから、
私がどんどん解放されていくというか、
楽しさも幸せさもぶくぶくふくれあがり。
こんな領域あったんですか?っていうびっくり加減です。


どうやら私は私のことまだ全然知らないし、解放してあげてないみたいです。


多分これからもびっくりすること、沢山あるんでしょうね、と思います。


人生は驚きの連続だ?発見の連続だ、でしたっけ?


ええ、本当にその通りと思います。


 

はあ。。。。

もう、人生って面白すぎるよ、神様。 



自分の気持ちをもっと解放しよう。
もっと自分になってこう。


今はそんな心持ちのまりのんです。

どうも、ありがとうございます。 

おはようございます。
marinonです。
最近朝日を全身に浴びるのが習慣です☆

ずいぶん自然派になったものねと、
東京時代の友人にいわれますが、

だってだって、気持ちいいんだもの!!!

自然派にならずにいられないっすよ。

やってみたらいいですよ!!!朝日浴☆彡



最近人の出会いがとてつもないです。
7月後半くらいからかな?
ブログやらミクシーやらツイッターやらを
7月にはじめたのですがそこから湧き出るように
人との出会いが!!!

ありがたいことです。。。。
嬉しいことです。。。。

で、その出会いの中の一つの「疎開村」の皆様と
上高地に行ってまいりました。

疎開村とは、ふぐり玉蔵さんというおもしろエンターテイメントブログ
黄金の金玉を知らないか?  
  (すごいタイトルだよ~乙女はそんなこと口にできないわよ~。。)
をかいているブロガーさんが作った場所で、

茅野の金沢にあるカフェを拠点(?)に
・原発事故から疎開したい方
・自然な暮らしがしたい方
・自給自足がしたい方
……などなど(他だいぶ略します。笑)色んな
おもしろ~な方々が集まってワイワイする場所です。
 
今回私は何故か幹事をやらせていただくことになりまして…
頑張りましたよ☆☆☆

そして、当日の報告を疎開村通信NETという疎開村の方がやっているブログに
アップさせていただいたので、是非見てみてください~!!

綺麗な写真が沢山撮れました。
もちろんその場に行くのが一番ですが、
写真だけでも癒されますよ~♪

ではでは、こちらです。→疎開村通信NET   



日本ってほんっっっっとうに美しい国です。

私一昨年、アメリカに行って、外に出たことで
気づいたんですけれどね。

あ、もちろんアメリカも、(カリフォルニアいったんですが、)
日本とはまた違う植物、地形、空気があってきれいでしたけどね。

日本に戻り、長野に帰り、何か泣けてしまいました。



瑞々しい緑の木々、雄大な山々、澄み切った空、爽やかな風。



あ、あるじゃん、ここに、大切なものが…!


なんで気付かなかったんだろう?


なんで離れて生きていこうとしていたんだろう?


ごめんね、ごめんね、ありがとう。


もう、私は帰ってきたよ。


どうか、一緒に生きてください。生きていきましょう。




は!トリップしました。
その時に舞い戻ってしまったわ~!

海外にいけない人も、もともと長野とか自然の中に住んでる人で、
あまりにも日常すぎて忘れちゃった人も

上高地

是非行ってみてください。


きっと大事なことを思い出しますよ。


では少し、

私のとった写真を載せて今日は終わり。

皆さん良い一日を☆

どうもありがとうございました。



画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
画像7
画像8



木も水も山も花も石も太陽も人も神様です。

木も水も山も花も石も太陽も人も愛しています。

木も水も山も花も石も太陽も人もどうもありがとう。

 

このページのトップヘ