まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

タグ:生き方

ちょっと…友達のごはん屋さんにふらりと遊びにいってガツンと衝撃を受けてしまいました…。。。

感動して!!!!!エグエグ(T^T)

葉っぱのフレディってご存知ですか?ごはん屋に置いてあったんですよね。わたしすっごい聞いたことあるけど、そういえば内容しらないなと思って読んだんですが。。

あのね、生命がつまってましたよ、生命が。

以下は、あらすじです。本文読んだほうが感動しますけど…!!



___blog: 
絢乃さんのブログ転載 (ここから)___

葉っぱのフレディ


春、大きな木の枝に生まれたフレディは、アルフレッド、ベン、クレア、そしてイロイロなことを知っているダニエルなどの友達と一緒に、スクスクと育ちます。

一つとして同じ葉っぱはない、みんな個性があること
に気づいたフレディは、さわやかな風が吹き抜ける季節、葉っぱに生まれたことを心から喜び葉っぱとして生きていくことを楽しむのでした。

夏のある日、厚みのある大きな葉っぱに成長したフレディは友達たちと体を寄せ合って、憩いを求めて木の下に集まる人たちに「木陰」を作って上げたりもしました。

ダニエルはフレディにいろんなことを教えてくれました。

そして季節は巡り、段々と体に当たる風が強く、冷たくなってきました。 ある日、とても寒くなり、寒さと怖さでブルブル震えるフレディ。強い北風が吹きぬけた翌朝、フレディたちの体に霜がおりました。

フレディたちはさまざまな色合いに「紅葉(こうよう)」していきました。一人一人個性のある素敵な色になりました。 そんなある日、ダニエルはフレディに「引越しをしなければならない」と告げます。

アルフレッドも、ベンもクレアも、そして他のたくさんの友達も「その時」が来て、引っ越していきました。

最後まで木の枝に残ったのは、フレディとダニエルの2人。

いつまでもここに居たいというフレディでした。

ダニエルが「引越し」といった言葉の意味が「死ぬ」ことではないのかと気づきます。
フレディは死ぬことが怖くてたまらないとダニエルに訴えます。ダニエルは優しくフレディに話しかけます。


「まだ経験したことがないことは こわいと思うものだ。でも考えてごらん。世界は変化しつづけているんだ。変化しないものは ひとつもないんだよ。春が来て夏になり秋になる。葉っぱは緑から紅葉して散る。 変化するって自然なことなんだ。きみは春が夏になるとき こわかったかい? 緑から紅葉するとき こわくなかったろう? ぼくたちも変化しつづけているんだ。 死ぬというのも 変わることの一つなのだよ。」


そしてダニエルも静かに枝を離れて引っ越していきました。 雪の降った翌朝、少し色あせてきたフレディも静かに旅立ちました。ゆっくりひらひら舞いながらフレディが引っ越した先は、雪が降り積もってふんわりとした、自分が生まれ育った木の根元でした。

このとき初めてフレディは木の全体の姿をみました。なんて大きく、立派な木なのでしょう。ふわふわ温かい木の根元の雪の上で、フレディは静かに目を閉じました。

春になって雪が解け、水となり、フレディたち落ち葉は水に溶け込み、土に返り、木を育てて新たな葉っぱが生まれる力となるのです。

大自然の設計図は、寸分の狂いもなく、命を変化させ続けていくことでしょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 
【葉っぱのフレディ】 レオ・バスカーリア 作 / みらい なな 訳

___blog: 絢乃さんのブログより転載 (ここまで)___

 

いや~…ほんとにこの世界ってなんて完璧にできてるんだろうな~と思いました。。。

や、私の感想なんてどうでもいいんです。

そこの貴方が、何かを感じればそれで。

感じなくてもそれで。


完璧です!!!!


ふふ~↑↑↑


あ、森繁久彌さん朗読の葉っぱのフレディあったのではっておきます。



絵本っていいですね。こういう感動な絵本他にも沢山あるんでしょうね。

今日も愛すべき日常でございます。
皆さんにも愛すべき日常がありますことを切に願います。

ありがとうございました。

ああ、めちゃくちゃ間があいてしまった。えーん。
でもいいですいいです、やらなきゃいけない、とかないですからね。
かきたいときにかきますよ~~~。

間空いたのは、なんだかばたばたと色んな出会いがありまして、飛び回っていましたよ。なんだか、最近またまたラッキーが加速している感じがします。

私のラッキーなミラクルが色々沢山起きる友達はよく、

「流れにまかせる、感謝する、執着(欲)を手放すと 、必要なものは全部そろうんだよ。」

って教えてくれます。 私もよくそれはよく他の人からも聞きますし、成功者とか(自己啓発本w)も言ってますし、是非そうしたいなって思うんですけど、なかなか難しい~~~!ですよね。

「うまくいってなかったら逆に、感謝できてなくて欲が強いってこと。だから、それに気づいて自分を正すようにしてる。」

う~ん、さすが、ヨガの人!という感じです。ヨガやって正すのでしょうね。

私も振り返ると、何かうまく行かないな、と思うとき、焦りとか執着とかあったな~と思います。それはとっても欲が深かったからだろうな…。


最近ラッキーが加速したのは、ちょっと欲ぬけたというか、力みが抜けたからって感じします。

ある人が教えてくれたんですよね。感謝の仕方を。



「ただ、ありがとうっていうだけじゃ、軽い感謝なんですよ。『私のような人間に、本当にどうもありがとうございます。』っていうように、謙虚さが加わるととっても深い感謝になるんです。」


がつーん。

そうかも!!私、たまにありがとうっていっても、心のどこかで「やってくれるだろうと思ってた」みたいな当然っていう態度があったなって思って。期待してた通りだったわ、とか。

で、それから上記のように思うように心がけてます。そうすると自然と、欲が減ってきた気がします。

もっと欲しい、が、謙虚になって、今あるもので十分、さらに言うと、今あるものが大感謝で奇跡という感じ。

ま、まだ、ふとすると、「もっと欲しい」って自分ももちろんいますけどね。


「え、なに?もっと欲しいと思っちゃだめなの?」

いえ、駄目じゃないんですけどね。それだと延々と欲しいもの手に入らないんですよ。

「何で?」

何かどうやら、それがこの世の中っていうか、生きてる上での、世界の、宇宙の、法則らしいですよ。


「…  は?」


えーと、うまく説明できないんですけど、今のところそうとしか言いようがなく。。私も人に聞いたり、本で読んで「は?ほんとですか?」って思いましたけど、それまでさんざん「ああしたい、こうしたい、あれが欲しい」とじたばたして全然うまく行ってこなかったので、

逆に「いいや、もう、手に入んなくても」って思ったら少しずつ欲しかったものが手に入ってきて、

さらに感謝するようになったら、もっと手に入りやすくなって、実現化しやすくなって、

更に更に深く感謝して、欲を手放したら、もっと早く手に入りやすくなって、実現化しやすくなりましたよ。

っていう私の経験談でした。


ってなんでこんな話してんだろう。
ただ着物と浴衣もらったよって話したかっただけなんですけど。w

画像2


じゃーん。個性的?ですかね?くださった方が「あなたはこういう個性的なのじゃないと駄目よ!」「あ、はい。」(うーんそっちの可愛い花柄も着たいよう)w

で、早速通っている着物教室に持っていって先生が帯のアレンジ教えてくださいました。

私はリボンとか可愛い結びする気満々だったんですけど、「柄がかっこいいからその雰囲気でやってみましょう。」ということで、以下のような雰囲気に。

画像3
【二筋太鼓】   半幅帯の表裏、色違いで作る小さな可愛いお太鼓♡

画像1
【矢の字】   かっこいい♡とっても粋に決まる☆

画像4
【片流し】   リボン型にするなら、片方を長めに垂らしてシンプルクールに。

画像5
【角出し風】   複雑な形が目新しいかも!

いや~~~~~~もうほんと「こんな感じにもできるの?!」って目からウロコ!!!

も~~~~だから着物は止められませんよ。

ちょっと、そこのアナタ、一緒に着ませんこと?!
楽しいですわよ?!


さ、明日の3本立ての会の準備せなな。

あ!

こんなわたくしのブログを最後まで読んでくださってどうもありがとうございます!!

そんな貴方にも素敵なラッキーがありますように!!^_^


 

このページのトップヘ