まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

タグ:原爆

今日は長崎の原爆の日ですね。

このところ結構戦争についての話が続いていますが、それを忘れないための大事な日だと思うので、どうかおつきあい下さいませ。





___blog: 
ウィンザー通信 より転載 (ここから)___

報道写真家 ジョー・オダネル撮影 「焼き場に立つ少年」
(1945年長崎の爆心地にて)


9aaac794d2ec135ecfaa2f3a38ce3051-1

佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
すると、白いマスクをかけた男達が目に入りました。
男達は、60センチ程の深さにえぐった穴のそばで、作業をしていました。
荷車に山積みにした死体を、石灰の燃える穴の中に、次々と入れていたのです。

10歳ぐらいの少年が、歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は、当時の日本でよく目にする光景でした。

しかし、この少年の様子は、はっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという、強い意志が感じられました。
しかも裸足です。

少年は、焼き場のふちまで来ると、硬い表情で、目を凝らして立ち尽くしています。
背中の赤ん坊は、ぐっすり眠っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです 。

少年は焼き場のふちに、5分か10分、立っていたでしょうか。
白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に、初めて気付いたのです。
男達は、幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に溶ける、ジューという音がしました。
それから、まばゆい程の炎が、さっと舞い立ちました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を、赤く照らしました。

その時です。 炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気が付いたのは。 少年が、あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、ただ少年の下唇に、赤くにじんでいました。 夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま、焼き場を去っていきました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 
(インタビュー・上田勢子)[朝日新聞創刊120周年記念写真展より抜粋] 
___blog: ウィンザー通信 より転載 (ここまで)___



この写真、どこかで見た事ありましたが、上記のような背景のあるなかで撮られたものとは知りませんでした。

ここにNHKで流された番組の動画があります。 
解かされた封印 ~米軍カメラマンが見たNAGASAKI

これにはどういう経緯でこの写真が撮られたのか、オダネルさんの心情が描写されています。そしてアメリカ人が原爆に対してどう思っているのか…。

是非みてみて欲しいです。 

その内容を文字で読みたい方はこちらをどうぞ。
ウィンザー通信


原爆資料館…中学校の時に確か行ったような気がします。もう忘れてしまってします。でも、とにかく怖い、と思いました。今もちょっと怖くて行く気になれない感じもします。

8月6日に黙祷をして、原爆のことまた調べたり、見てみたりしました。

やっぱりね、本当に、怖いです。
恐ろしいです。
悲しすぎます。

絶対に二度と、あってはいけないです。


あまりにもとんでもないことすぎて、いやいや、そんなバカな事、もうみんなしないでしょって心のどっかで思ってました。昔。

でもね、今、戦争やろう、日本戦争行こうって目論んでる人たちにひっぱられようとしているんです。

一回また、戦争に踏み込んじゃったら、間違える可能性は多いにありますよ。

戦争しても原爆は無いってなんでいえるんでしょう?核兵器持ってる国はいっぱいあるし、原子力発電所もいっぱいあるし。

麻痺してしまいますもん、きっと。

想像したらわかりますよね?

何かネット上で、原爆と戦争は別だとおっしゃる方をまま見かけますけど、その方が言うには、原爆は無差別攻撃で虐殺で、絶対にあってはならない、で、
戦争は国と国との問題だからしょうがないとか、軍と軍の戦いで解決してほしいとかっていうことなんですけど。



一緒ですよ! 


 武器を持つから戦争は終わらない。
ずっと怖がり続け、相手を疑い続け、わかりあえることなんかない。



みなさん銃もちたいって思いますか?私は個人が銃を持たなきゃ行けないアメリカ社会が理解できませんよ…なんでそんなに怖がって疑うのかって、お互いを。でも、最初に自分たちが手を出しているし、自分が相手に手を出したいって時が有るから、相手もそうだろうって考えてるのでしょうけどね。

私はまず、自分が変わらなきゃ、自分が信じなきゃ、相手は変わらないと思います。

それって、個人レベルでよく聞く話ですよね。

国レベルですらそれは変わらないと私は思います。

個人が集合しての、国ですもの。 


最後に、ちょっと長いですがこちらも読んでくださると嬉しいです。
終戦当時、首相が何を考え、あの憲法を作ったのか。
(彼だけの意思ではないですが)




___blog: 
ウィンザー通信 コメント欄より転載 (ここから)___

戦争放棄という決意を憲法に盛り込んだ首相、幣原喜重郎氏の手記

原子爆弾というものができた以上、世界の事情は根本的に変わってしまった。
世界は真剣に、戦争をやめることを考えなければならない。

そして、戦争をやめるには、武器を持たないことが一番の保証になる。

軍縮交渉とは、形を変えた戦争。 返 軍縮とは、平和の名をもってする別個の戦争であって、円滑な合意に達する可能性など、初めから無い。 原子爆弾が登場した以上、一刻も早く、軍拡競争を止めなければならぬとわかっていても、それは不可能。 集団自殺の先陣争いと知りつつも、一歩でも前へ出ずにはいられない、鼠の大群と似た光景―それが軍拡競争の果ての姿。

戦争をやめるには、武器を持たないことが一番の保証になる。

しかし、実際問題として、世界中が武器を持たないという真空状態を、考えることはできない。 世界は結局、一つにならなければならない。 何らかの形における。世界の連合方式というものが、絶対に必要である。
凡そ、人間と人間、国家と国家の間の紛争は、最後は腕づくで解決する外はないから、どうしても武力は必要。 しかし、その武力は、一個に統一されなければならない。 何らかの国際機関が、やがて世界同盟とでも言うべきものに発展し、その同盟が、国際的に統一された武力を所有して、世界警察としての行為を行う。 軍縮は不可能である。 絶望とはこのことであろう。

唯、もし軍縮を可能にする方法があるとすれば、一つだけ方法がある。 それは、世界が一斉に、一切の軍備を廃止することである。 一、二、三の掛け声もろとも、すべての国が兵器を海に投ずるならば、忽ち軍縮は完成するだろう。 そんなことは、もちろん不可能である。 それが不可能なら、不可能なのだ。

ここまで考えを進めてきたときに、九条というものが思い浮かんだ。 敵が、口実をつけて侵略したら。 その場合でも、この精神を貫くべきだ、と僕は信じている。 そうでなければ、今までの戦争の歴史を繰り返すだけ。

強大な武力と対抗する陸海空軍というものは、有害無益我国の自衛は、徹頭徹尾、正義の力でなければならないと思う。 その正義とは、日本だけの主観的な独断ではなく、世界の、公平な与論によって、裏付けされたものでなければならない。 そうした与論が、国際的に形成されるように必ずなる。 世界の秩序を破壊する恐れがあるとすれば、それによって脅威を受ける第三国は、黙っていない。 その第三国との特定の保護条約の有無にかかわらず、その第三国は当然、日本の安全のために必要な努力をする。 だからこそ、死中に活がある。

日本民族は、幾世紀もの間、戦争に勝ち続け、最も戦闘的に戦いを追求する、神の民族と信じてきた。 神の信条は、武力である。 その神は、今や一挙に、下界に墜落した訳だが、 僕は、第九条によって、日本民族は依然として、神の民族だと思う。

何故なら、武力は神でなくなったからである。

神でないばかりか、原子爆弾という武力は、悪魔である。 日本人は、その悪魔を投げ捨てることによって、再び神の民族になるのだ。 すなわち日本は、この神の声を、世界に宣言するのだ。 それが、歴史の大道である。 悠々と、この大道を行けばよい。 死中に活というのは、その意味である。

世界は今、一人の狂人を必要としているということである。
何人かが、自ら買って出て、狂人とならない限り、世界は、軍拡競争の蟻地獄から、抜け出すことができないのである。
これは、素晴らしい狂人である。
世界史の扉を開く狂人である。
その歴史的使命を、日本が果たすのだ。


___blog: ウィンザー通信 コメント欄より転載 (ここまで)___




うう~~~~~~~。泣ける~~~~。かっこいいよ~~~~。

三宅洋平さんが7/20の演説で、憲法はGHQが入れ悪知恵をしてできたけど9条は戦争にこりごりした日本人の思いがつまっているっていうようなことを言っていたけど、このことだったのね~~~!って感じですね。

いつでも、歴史が大きく変わる前は、歴史を変えるきっかけの人たちは狂人扱い受けてきたんだろうと思います。

だって、新しすぎるんですもの、すばらしすぎるんですもの。

武器を持たないなんて?!戦わないだって?!殺さないだって?!


やってやりましょうよ。


ダンスホールで、一番最初に踊りだすのはシャイだから苦手な日本人かもしれませんけど、一番最初に武器を持たずに、温和に話し合うことは和の心を持つ日本人だからできると、私は信じています。


明日もそこのあなたが笑って過ごせることを切に願います。
最後までおつきあいくださって、どうもありがとうございます。

 

昨日のお話にぴったりな三宅洋平さんの演説。
ご先祖様の話、それから、私たちができること。



___blog: 
みんな楽しくHappy♡がいい♪ より転載 (ここから)___

三宅洋平(選挙フェス@柏)2013/7/19

だけどね、数万年何億年生きながらえてきた人、おれのこの細胞・遺伝子。 ああ、これ食ったら死んだな、あの時は。 あれやったらどうなったな。 全部入ってるんだよ、情報が。 その俺の腹の虫が「これは危ないぞ」って思う物は「危ない」って俺は言うしかないんだ。

科学っていうのが実証主義なんだったら、 ある一人の科学者が研究ラボで2~30年調べつくしたことも尊いよ。 そこにもいっぱいの実証がある。 数万件のデータを取った。 確かにそれも実証主義だ。

だけど、考えてみてよ自分の家系図。 どんどんたどってごらん。 じいちゃんばあちゃんのじいちゃんばあちゃんがいて、 じいちゃんばあちゃんがいて、じいちゃんばあちゃんがいて、 最終的にアンモナイトとかさ、プランクトンとかになっていく訳だ。 一応ダーヴィン進化論というのがちょっとマイクロだけど、 実質的には生命というのはそうやって発展してきた経緯はあると思うよ。

そのどっかでさ、何かがあったら、居ないんだよ、自分は。 もう奇跡的だよ。
自分の先祖は星の数ほどいるんだから。


そうやって生き抜いてきた自分の生命としての声に、俺は耳を傾けたいんだ。 それこそがね、本当の科学じゃないかって思うの。 数字やデータで立証しなくたってわかる事はわかるんだよ、人間は。

どうしてその声を政治はもっと聞かないのか? 科学はもっと聞かないのか?って思うんだ。

簡単に言ったら「愛が無い」「心を失っている」 それに対して文句を言ってきたよ。

だけどね、立候補して分かった。 こんなことをやっていたら、超アドレナリン出さなきゃいけない。 神経高ぶって夜も寝れない。 誹謗中傷も賛成も反対も、全部来る。

交感神経と副交感神経が交互にちゃんと作用しないんだよ。 政治家もトップサラリーマンも今みんなそういう状態。 トップミュージシャンもそうかもしれない。 トップアスリートもそうかもしれない。 舞台の上に立っている人たちをどうやって楽にするか。

それが僕らに出来る事かもしれない。

だから、賛成も反対もあっていいよ。 だけど絶対に殺し合いはしないという民主主義の大前提にのっとって、 お互いしっかり話し合って、話し合って、話し尽くして、 だからこその、輪のために黙るんじゃない。

…中略… 

誰かに答えを求めてきた。 俺もそう。 神様ってなんだろう。 人間はなにを神って形容してきたのかな。

それである時気付いたんだ。 神社の奥深くへ分け入ると鏡が置いてある。

神様は誰かな?って奥まで捜しに行くと、 自分の顔が映ってた。


なるほどね。 1000年後の人からしたらさ、7代先の孫にしたらだぜ、あるいは14代先の孫にしたらだ、 曾祖父の曽祖父の曽祖父の曽祖父のあなた。 じいちゃんのじいちゃんのじいちゃんたるあなたが、 今この時代にどういう生き方をしたかが、やっぱり彼らの未来を決めるんだよ。

偉大なるグランドファザーたち、グランドマザーたちになるんだよ。 それがあるから俺たちも今居るんでしょ。 51得点49失点の人間像でいいと思うんだ。 100点満点の神様なんていないから。

ただ、自分の日常の中でいろんな葛藤、 わー、ベジ食った方がいいのはわかるけど、ごめん今日は肉食うわ。

お肉を何で食べちゃいけないってベジの人達が言っているのか?っていうのは、 結構経済システム的な問題点に気付いた人たちがいて、 それをね、たどって欲しいんだ。 一晩でわかるから、ネットで調べたら。 それに気付いたうえで日々選ぶ。


今日はごめん。 力出したいからかつ丼食わしてね。 それが自分の身体にいいか悪いかよりも、 地球のシステム的にね、今畜産業っていうのはすごくやっぱり、乱暴な動物の育て方をしてるんだよね。 一遍でもね、断末魔の豚の悲鳴を聞いてみるといいよ。 人間そっくりなんだ。 屠畜(とちく)、屠殺(とさつ)に携わっている人達は口をあんまり開かないけれど、 彼らもいろんな事を考えながらみんなのために仕事してくれてるんだよね。

でもさ、戦後の日本でいったら、 それは全部アメリカが僕らにくれた産業で 麦農家をことごとく酪農家にしていったのも事実なんだよね。 その背景には日本の自給率を下げて、アメリカで余った穀物を日本に売り付けるっていう政策があったんだ。

トルーマンの時に実際に余剰作物何とか法って、まさにダイレクトに書いてある法律があって、 それにそってフランチャイズの1号店が日本だったの。 それをずーーーっとアメリカは世界でやっている。 そういう事を下支えしてきたバックはモンサントみたいな企業なんだ。 今まさに、TPPを日本に押し付けようとしている人たち。

イヤもう、押し付けられた。 23日から、第1回の会議がベトナムであるけどね、 日本はもう、TPP交渉に参加するんだ。

で、俺がね、勘違いされる。 「陰謀論」というと勘違いされる。 俺が陰謀論者だと。
俺はね、そんなにおとぎ話を信じないんだ。 マンガチックでもないよ。

だけど、輪切りにした世界の経済構造というのをはっきり示しているんだよね。

民衆がいる、その上に国がある、 それで回っていると思いきや、国にいっぱい議員を送り込んでいる経団連という企業の意志、 その企業に金を貸し付けているバンク。 それをさらに統括しているごく一握りの人達。 これを輪切りにした経済構造。

だから、このトップの人達は悪いのか?って言ったら、 いや、エッソから石油を買って毎日車を走らせているのは俺たちなんだよ。 化学繊維の服を何も考えずに安いから買っているのも俺たちなんだよ。 あるいは農薬まみれの服を選んで買うのも俺たちなんだよ。

70億人がサランラップをピシッ!ピシッ!ピシッ!ピシッ!ピシッ!ピシッ!ピシッ!ってやってるんだよ。 シャンプーやリンスをシュコッ!シュコッ!シュコッ!シュコッ!シュコッ!シュコッ!シュコッ! 70億人がやってるって想像してみてほしいんだ。

その代表たる自分はどの行動を選ぶか? だから話は難しくないんだ。 俺たち次第。 消費行動。 日々のライフスタイル。 自分の意識の向くベクトル一つで世の中は変わるっていう事を、本当にもっと信じて欲しい。



___blog: みんな楽しくHappy♡がいい♪ より転載 (ここまで)___


う~ん、この方は本当にいいことをおっしゃる…。私たちが忘れていること、気づかないといけないこと、はっきり教えてくださっています。
ここから全文読めます。動画も有ります。
みんな楽しくHappy♡がいい♪
も~是非、他の演説も見ていただきたいです!!
20130720選挙フェス三宅洋平スピーチ文字起こし


平和のために具体的にできること。暮らし方を変える事。消費の仕方をもっと考える事。

で、今日は特に、食事のことお話したいのです。確かに上記の三宅さんが言うように、
平和の為に、世の中のお金を持っている人たちの思うつぼにならない為に、肉食が経済的にも環境的にも健康的にも負担が大きいから、私は肉や動物性のものをとらないマクロビオティックをやっているわけなのですけど。

でも、マクロビオティックやる利点はそれだけじゃないのです。

マクロビオティックは玄米を食べ、天然発酵の良質なお味噌と、自然塩を使うことを推奨しています。

かつて長崎原爆投下の際、秋月辰一郎先生の玄米菜食の病院では塩気の強い玄米ごはんと塩気の強いみそ汁の食事で、原爆症が出ない、または軽い状態ですんだそうです。それで、チェルノブイリの際は、その経験からオーサワジャパンのみそが日本にほとんどなくなったとか。
(オーサワジャパンはマクロビオティックを確立した桜沢如一さんの考えを受け継いでいる食品会社です)

これからいよいよ、福島原発の事故の結果=病気になって死ぬ方々が増えてくると思います。いえ、もう報道されてはいませんが、ネット上では甲状腺がんや白血病、赤ちゃんの奇形がでているとか、すでにもうはじまっているような情報も見受けられます。

そういう目に見えて被曝したせいでしょ、とわかる現象ですら病院も政府も被曝のせいだと認めていないようですが…

さらにわかりにくい症状もあるようです。

「原爆ぶらぶら病」…、 特に昭和20年8月6日以降に広島に親族を探しにきたり、 看護や瓦礫撤去に入市した人に多い症状で、 内部被曝、低線量被曝の結果だろうと考えられている。
医師に相談していろいろ検査を受けてもどこも異常がないと診断されるのに、 疲れやすい、身体がだるい、などの訴えが続き、 人並みに働けないので仲間や家族からは怠け者というレッテルを貼られる、 そんな症状だそうです。
原爆症のひとつであるのに医学的に診断されないので、認証されず、ノイローゼといわれ、周りに理解されることなく、 みずから命を絶った人たちも少なくはないそうです。
(以上、被爆者を診てきた最後の被曝医師といわれている、94歳の肥田舜太郎先生のお話)

関東県内の方々は特にそうなることが多いのではないかと私は思っています。


誰にどんな影響がでるかわからないからこそ、免疫力を保持して、 健康 を守って生きてほしい!


早寝早起き、毎日適度に歩くこと、よくかんで食べる、添加物入っているものを極力さける、外食減らしてせめて自炊する、時間がなくてそれが難しければ自然食やマクロビオティックのお店でご飯食べる…等

全部やら無くてもいいんですよ、できることから少しずつでも…。

東北の方、関東の方少しでも早く、初めていただきたいです。

今日フェイスブックで、危ないとわかっていても、ここが故郷だからここで生きたいと福島の方がおっしゃっていました。

その気持ちはわかります。

だからこそ、生き抜いて欲しいです。


私はしばらく東京に住んでいたので、東京に友達が沢山います。

やっぱり危険とか、考えずに普通に暮らしているから、なかなか言えずにいますが、正直、引っ越した方がいいと思うし、そうでなければ暮らし方を変えてほしいし、たばこすってる場合じゃなくない?!って…みんながあと何年かたっていきなりぱったり死んでしまうのみたくないです…。

おおげさなんでしょうか?でもおおげさじゃなかったねって、みんなが死んでしまってからでは遅いですもの。。。

この思いが伝わる事を、今日も密かに長野から願います。

ああ!今日は長かったですね、、、最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。

明日もみなさんにとって良い一日でありますように☆





今朝、8時15分、黙祷をしました。

広島の原爆…。


これから絶対私たちが、世界を平和に、かえてゆきますから。


と心あらたに、思いました。



今、私がここに生きているのは、本当に沢山の沢山の方々の命が繋がっての奇跡なんですよね。

びっくりしちゃいますよね。

先祖をたどっていくと。例えばこんな風に。

Untitled-1

この一番下が私です。

私はおとんとおかんから生まれています。

おとんとおかんにもおとんとおかんがいます。 

ここ3代までで関わっているのは7人。

こんな感じで 5代さかのぼると63人。

で、5代目の人たちは全部で32人。 これみんなが私のご先祖様

10代目は512人が私のご先祖様。

30代目までさかのぼったら、

その数なんと10億人!!


だいたい、一代が50年平均で生きたと考えると1500年前の話になるそう。

でも1500年前10億人も人はいない…

そうなると、よくわかんなくなってくるのですが、一組の夫婦が沢山うんだりしたのもあったんだろうなと思うのですけどね、


結局みーーーーんなが兄弟なんじゃないかって思えてきません?



★この話の元ネタは笑えるスピリチュアルというブログからです。タイトルがあやしげですが、面白いお話いっぱいです。笑


これを見て、つくづく人種とか国境とか関係ないなって思ったんですよ。

あ、それは、何か一つの国とか人種にまとめればいいとかじゃないですよ?みんな素晴らしい個性をもった人種で国だから、認め合って一つになればいいなってことです。


この世界の歴史、大きくばっくりみたら、一人の人が成長するように、ちょっとずつ、色んなことを乗り越えて成長してきたように思えます。ときに、同じような失敗を何度も何度も繰り返しながら。


世界大戦で徐々に、国が自立しはじめて。人々の暮らしも豊かになりはじめて。でもまだ戦争しているところはあるし、また戦争しようとしているところはあります。そして戦争してないように見えて、武力じゃない、見えない消費の世界で殺されている人がいっぱいいて。それが日本なんですが。

でも、今度こそ、同じ失敗をしない成長をするぞ!っていうのが今だと、私は感じています。



今日も沢山の人(今まで生きて、すでに亡くなった方々含め)とともに、生きている事を嬉しく思いながら…。

ありがとうございます。


 

このページのトップヘ