まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

タグ:世界

今朝、8時15分、黙祷をしました。

広島の原爆…。


これから絶対私たちが、世界を平和に、かえてゆきますから。


と心あらたに、思いました。



今、私がここに生きているのは、本当に沢山の沢山の方々の命が繋がっての奇跡なんですよね。

びっくりしちゃいますよね。

先祖をたどっていくと。例えばこんな風に。

Untitled-1

この一番下が私です。

私はおとんとおかんから生まれています。

おとんとおかんにもおとんとおかんがいます。 

ここ3代までで関わっているのは7人。

こんな感じで 5代さかのぼると63人。

で、5代目の人たちは全部で32人。 これみんなが私のご先祖様

10代目は512人が私のご先祖様。

30代目までさかのぼったら、

その数なんと10億人!!


だいたい、一代が50年平均で生きたと考えると1500年前の話になるそう。

でも1500年前10億人も人はいない…

そうなると、よくわかんなくなってくるのですが、一組の夫婦が沢山うんだりしたのもあったんだろうなと思うのですけどね、


結局みーーーーんなが兄弟なんじゃないかって思えてきません?



★この話の元ネタは笑えるスピリチュアルというブログからです。タイトルがあやしげですが、面白いお話いっぱいです。笑


これを見て、つくづく人種とか国境とか関係ないなって思ったんですよ。

あ、それは、何か一つの国とか人種にまとめればいいとかじゃないですよ?みんな素晴らしい個性をもった人種で国だから、認め合って一つになればいいなってことです。


この世界の歴史、大きくばっくりみたら、一人の人が成長するように、ちょっとずつ、色んなことを乗り越えて成長してきたように思えます。ときに、同じような失敗を何度も何度も繰り返しながら。


世界大戦で徐々に、国が自立しはじめて。人々の暮らしも豊かになりはじめて。でもまだ戦争しているところはあるし、また戦争しようとしているところはあります。そして戦争してないように見えて、武力じゃない、見えない消費の世界で殺されている人がいっぱいいて。それが日本なんですが。

でも、今度こそ、同じ失敗をしない成長をするぞ!っていうのが今だと、私は感じています。



今日も沢山の人(今まで生きて、すでに亡くなった方々含め)とともに、生きている事を嬉しく思いながら…。

ありがとうございます。


 

mainv_index
*2013年7月20日@渋谷
 選挙フェスに集まった人たち。
 道の向こう側まで人があふれています。
 (写真:三宅洋平 History Archivesより)

選挙、終わりましたね。

皆さんにとってこの選挙はどんなものだったのでしょう?

私にとってこの選挙、忘れられない選挙になりました。

こんなに真面目に選挙に取り組んだ事はなかったです。

こんなに感動した選挙なかったです。


三 宅 洋 平


この人がいたから、そんな風に思えました。

ツイッターのフォロワーが1万人だった状態から17日間の選挙活動で、

17万人の票を獲得したんですよ!?

それだけの人の心を動かした人。

そんな人今までいたのでしょうか?


何故、そんなに人の心を動かせたのか…

私は、彼が本当に心から世界を平和にすることを願って行動しているからだと思いました。

話す言葉にも魂が込められているように感じました。

そして、徹底した非対立の姿勢

平和を願って行動している人はいるけど、どうしても、そのやり方について意見が食い違うと相手を否定してしまう、そこから進めないということが多いように思う中…素晴らしいです。

これまでを支えてきた大人の意見と、不景気に生まれてお金がなくても大丈夫だって知っている俺たち世代の意見を混ぜ合わせて、日本良くしていこうよ、環境よくしていこうよと、彼は言います。


私は今朝まで開票を見守る彼らのパーティーを、生中継で見守りました。

パーティーは40~50人くらいいたのでしょうか?そして更にそれを生中継で見守る人が2000人。次々にコメントアップしていました。会場の様子はすごく穏やかで和やかで、ダンスしながら見守っていましたよ。中継見ている人のコメントも暖かくて、ほんとに、とにかくピースフルでした。選挙の結果待ってる他の候補者の事務所とは全然違っていたでしょうね…!

当選できなかったとわかっても全然悲しい雰囲気にはならなかったです。何故かって、みんなこれからが始まりで、この先希望にあふれているってわかっていたからだと思います。

「負けた気はしない。僕らの動きが太郎ちゃんの当選につながった。十数万人の票というのは、質量が重い。三年後の参議院選をめざす。これから千日間で世の中を変えましょう。選挙、面白くてやめられないぜ!」 
(開票パーリー後のスピーチより)

少なくとも17万人も、同じ思い:心から世界の平和を願う人がいるとわかったのですからそれだけでも大きな成功です。もう平和や愛の言葉を伝えてくれる人を、無視したり、あざ笑って、殺すようなことはしたくないです。何度も何度も繰り返したことです。


世界の平和って日本ががたがたなのに?何言ってんの?って思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、目標は高い方がいいっていいますよね♪

地に足着いた計画が成功のかぎだ…とも言いますが、私は最後に大きな目標がある前提でそれに向かって逆算して地に足着いた計画をたてなければ、低い可能性でストップしてしまうように思います。

個人のこともそうです。私は実感しました。毎日の生活が、キャリアが、結婚が、とか目の前ばかりみていたら全然うまくいかずに心もしょんぼりしながら、とげとげしていました。でもあるとき、世界の平和を目標にしたら、色んなことがうまく行くようになって、心もすっきり晴れやかになりました。びっくりしました。笑

なにやら、人やら、運やら、神様やら、味方になってくれたようです。

ありがたいことです。

でも世界平和目標って何すればいいの?毎日の暮らしで手一杯なんだけど。ってよく言われます。

なんて事はないです。毎日の暮らしの中にヒントがあります。

それは三宅洋平さんのマニュフェストやスピーチの中でも沢山語られています。

まだ知らない人は是非、三宅洋平さんを知ってみてください。


三宅洋平を勝手に応援するネットワーク

ツイッターでどんな風に話題になってたかわかります。すごかったんですよ~!
 参院選全国比例区に出馬、三宅洋平の選挙フェスが熱すぎる件


というわけで早速の次の千日間の一日目でございました。ここまで読んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。

 選挙お疲れさまでした。
  

このページのトップヘ