まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

タグ:ベジタリアン

今日は私が何故マクロビオティックをみんなにおすすめしているのかっていうお話です。

ようやく。笑 えーと最近重めだったのでライトに!

そもそも、マクロビオティックって何か。

詳しく知らない方から見たイメージ?ってこんなのでしょうか?
もしくは知らない方へお伝えするならざっくりこんな感じでしょうか?

  • 肉をあまり食べない、もしくは全然食べない
  • 動物性食品をあまり食べない、もしくは全然食べない
  • 玄米を食べる、もしくは雑穀を食べる
  • オーガニックや無農薬な食品を食べる 
  • (理想は自然農で作ったものや、自生しているものが良いです)
  • 良質な調味料を使う…特に、以下
  • ・白砂糖を使わない(甘味はてん菜糖、米飴、甘酒など)
    ・天然物の良いお味噌や醤油を使う
    ・自然塩を使う

  • 季節の旬な物を食べる

  • 自分が住んでいるところでとれたもの、近くでとれたものを食べる
  • 穀物(玄米や雑穀)と野菜(豆、ごま、海藻、葉菜、根菜、椎茸)と発酵しているもの(味噌、醤油、漬け物)をバランス良く食べる 

わあ~沢山ある~ってひかないでください!!笑
全部やらなきゃいけない、やりなさい、じゃないんですよ。

これらのことを、自分が何を取り入れやすいか、選んでちょっとずつやっていく、そんな感じでいいと思うんです。

無理なく、楽しんで☆ 


そして、そして、なにより大事なポイントは


感謝していただく。


これがとーーーーっても大事ですね。「添加物とっちゃいけないのに、友達にお菓子もらったからたべなきゃいけない、あああ~~。」とか思わずに感謝していただいて下さい。お友達はあなたに喜んでもらいたくて差し上げたのでしょうし、そのお菓子も元をたどれば、誰かが誰かに喜んでもらうために作られています。

逆に「これ健康にいいっていわれてるから、毎日食べなくちゃ。本当はあれ食べたいのに」とか義務感だけで、感謝なしで食べていたら健康にはならないと思います。 本当は身体によくないあれを食べたいと思っているなら、感謝してあれを食べればいいと思います。


あの、ものっっっっっっすごいよく誤解されるのでお話ししたいのですけど、少なくとも私はマクロビオティックやってますけど、食べ物を差別しているわけではないです。感謝していないわけではないです。 


全ての食べ物は命であって、他の命を食べさせていただいていることで私は生きられています。
だから本当に、全ての食べ物に感謝しています。




植物より動物の方が可哀想だから、じゃないです。確かに動物の方が人間に近く感じるので可哀想に感じやすいですけどね。ただ、動物を食べなくても生きていけるって知ったからできるだけ食べません。肉食をすることでお金も、食物も、エネルギーも沢山消費されているし、なおかつ身体機能を衰えさせてしまうと知ったから。 

食べる機会があるときは、感謝していただきます。

添加物を恨んだりしてません。戦後の日本の支えだったし、今は時間がないときいつでもご飯が食べられるので助かります。ストレスが溜まっていたときは、コンビニのお菓子を食べればスカッとしましたし。 でも、添加物がどれだけ身体に悪い影響を及ぼすか、逆に添加物は入っていない物がどれだけおいしいか知ってしまったのでできるだけ食べません。

食べる機会があるときは、感謝していただきます。

 
はい。そんな感じです。

最近ほんとに、マクロビオティック誤解されまくっていてなんだかな~と思います。

いえ、あの、マクロビオティックじゃなくてもいいんですよ、別に。

ただ、私は

 環境にも人にも優しくって、バラエティ豊かに楽しんで食べられる食事

って何かな~って探してたらマクロビオティックがぴったりきたってだけです。

初めに肉食やめようと思ったときに、ただベジタリアンになるのは気が引けました。何か、元気なくなりそうだったので。これもベジタリアンの人を誤解していて申し訳ないですけど。。ローフードも悪くなさそうですがなんか飽きそうだし偏っているように感じられました。これもローフードの人を誤解していて申し訳ないですけど。。まあ、私一個人の意見です。

で、マクロビオティックのこと調べたら、とってもバランスが良さそうだったんです。

バランスを生み出す方法とかも教えてくれますしね。ある程度ガイドラインがあって、自分で考えてバランスを生み出せるというか。上記にはあげませんでしたが、上記のような内容で食べるといいよっていうのは、全て、陰陽の考え方をもとに上げられています。 それがガイドラインです。

それについてはちょっと込み入っているので後日。

そして何よりレシピのバリエーションが豊富。
純和食をイメージする方が多いかと思いますが、今はもっとレシピ広がっています。
色んな世界の方にマクロビオティックが広まっているからだと思いますが。


はい、そんなわけで今日はざっくりとした、でも大事なところをしっかりとおさえたマクロビオティックのお話でした~~~。

マクロビオティック面白いですよ~美味しいですよ~元気になりますよ~!


では!
ご清聴ありがとうございました~!

明日も皆さんがおいしくご飯をいただけますように☆

 

日々のごはん、アレンジ、アレンジ、4連ちゃん。

画像5
(写真右奥から)
・カブのトマト味噌煮
 トマトは体を冷やしやすいので、味噌を少しいれて緩和します。味も美味しいんです。
・大根の油揚げ煮
甘しょっぱく味のついた油揚げと大根を煮ただけ。塩とゴマを足して味を整えました。
・三色野菜巻き
 茹でたインゲン、パプリカを、板状の麸で巻いて、油と塩コショウでこんがり焼き。
・キャベツと玉ねぎのクリームスープ
キャベツと玉ねぎを水でいためて甘さを出して、豆乳と塩コショウで味付け。

画像6
(写真左奥から)
・三色野菜巻きのトマトナッツソース
上の三色野菜巻きの上から、カブのトマト味噌煮のスープを煮詰めたソースをかけ、ナッツをまぶしました。
・カブのトマトクリームスープ
上のカブのトマト味噌煮キャベツと玉ねぎのクリームスープを混ぜちゃいました。あさつきをちらしました。
・あんかけおこげ
焦げた玄米があったので集めてさらに焼き、上大根の油揚げ煮をあんかけにアレンジ。酢を足して甘酸っぱく、軽いお味に。

画像4
(写真左奥から)
・トマトご飯味噌炒り豆腐のせ
 カブのトマト味噌煮の残り(豆やインゲンなどが入ってます)をご飯と混ぜ、上から味噌とおろしにんにくと塩で炒めたお豆腐をのせました。コーン入りです。
・大根のヌカ漬け
自家製漬物。意外と簡単な上にすっごく美味しい!!芳醇な香りです。
・彩り野菜のウォーターソテー
 色んなあまり野菜をウォーターソテー。味は塩と黒ごまのみ。野菜の味がしっかりでてます。
・大根とわかめのお味噌汁
マクロのお味噌汁はとっても簡単。わかめをと野菜を水の状態からコトコト煮てだしをとり、お味噌を混ぜるだけ。お味噌は添加物の使っていない自然発酵の味噌なので、酵素が生きてとっても美味しいし、腸を元気にしてくれます。

画像6

(写真右奥から)
・キャベツとモリンガのグリーンスープ
モリンガというお茶とキャベツのスープ。モリンガは栄養も豊富で、木を育てると普通の木の6倍以上二酸化炭素を吸収してくれるそうです。
・トマトごハンバーグとあまりおかずたち
トマトご飯に、おからや小麦粉を混ぜて焼いてハンバーグに。豆も丸ごと入っているので食べごたえ満点です。ソースは豆乳とすりごまと生姜と醤油でつくりました。とろみをつけています。おかずは、トマトご飯の上にのせていた味噌炒り豆腐彩り野菜のウォーターソテー大根のぬか漬けです。

以上、余りものをどうしてもそのまま食べたくない&どうにか楽をしつつ豪華に変化のある食事がしたい!!!根性で作ったご飯たちでした。

さあ、そろそろご飯かな。

またお会いしましょう!!!では。 

日々のご飯紹介していきます。
イベントの日の夕飯。
残り物アレンジ&やっつけ料理。
画像1
(写真左奥から)
・余った煮野菜混ぜ込みご飯with トマト味噌ソース
 味なしで煮てあった野菜をご飯に混ぜて、ダイスカットのトマト缶のトマトと味噌を混ぜて軽く煮たソースをのっけてコーンをトッピング。
・ズッキーニステーキ/野菜ごまジンジャー煮トッピング
ズッキーニをフライパンで焼いて、イベントで出したお稲荷さんにのっけてた具をトッピング。
IMG_5312
・ダブルすりごまかけ豆腐
切ったお豆腐に黒と白のすりゴマをかけ、醤油ちょっぴり、塩ちょっぴり、のせただけ。
・ほうれん草の豆乳ふわふわスープ
イベントで出したほうれん草の豆乳プリンであまったゆでほうれん草に豆乳いれて温めて、ハンドミキサーでブレンドして塩こしょうで味つけ。温めてからハンドミキサーやると泡たちます。ふわふわがたまらない…♡ピンクのはピンクペッパーです。

われながら、うまうまでした☆

このページのトップヘ