まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

カテゴリ: 命のこと

みなさん、お久しぶりです。
着物アイドルまりのんです。

あ、嘘です。

最近全然着物着てませんし!

ブログも全然更新してないですし!!

何やってたんだ、どこ行ってたんだ?!

 

実は


最後更新した、9日以降でわたくしの人生が大きく変化してしまいました。

自分でも本当にびっくりしております。



何だか知らないけど、(知ってるけど)
車中泊で半分旅のような暮らしをしていました。

夜の山の上で、カセットコンロで、
自分が育てた野菜を調理して食べ、
これがまた格別で。

上を見たら満天の星空で。

虫たちの涼しげな合唱を聞いたり、
聞いた事ないような鳥の鳴き声を聞いたり、
自然の音しかしない中で眠るって最高に気持ちよくて。

お風呂はどこかの温泉をめぐって。

そして、また昼間は自然派カフェにいって、
そこの店員さんが教えてくれた川へでかけたり。



ああ〜〜〜〜〜〜

幸せ〜〜〜〜〜〜(*^o^*)



何だか自分がどんどん自分になっていく?感覚。
自分がどんどんさらけだして、裸に、自由になっていく感覚でした。
そしてそれはまだ続いているのですが。



あるとき私は、自分の幸せは自分で作るものなんだ〜!わかった〜!
とか、
あ、目が覚めたぞ、これが本当の私なんだ〜〜!わかった〜!

って思って、
これからこれこれこうして、こういう人生にしていくんだ〜〜!

みたいな計画を一回たてて、絶対そうなる、もう決めたから
絶対そうなるんだ〜〜!

って思ってたんですけどね。



甘かった。

さすがわたくしの神様。

一筋縄では行きませんわね。


「え?それ通りいくと思ってたの?そんなん面白くなくない?
 あたしつまんないの嫌いなんだよね。
 ジェットコースターみたいに面白くないとね。」


って多分言ってたんだと思います。


プロフにもかいてありましたが、わたくし、
フランス人のパートナーがおりました。
とても、縁のある出会い方をして、相性もよくて、幸せだったので、
近々籍を入れる気満々だったのですが。

いよいよ籍を入れるぞというときに、
それを覆すような出会いがありました。

その人と出会ってから、
私がどんどん解放されていくというか、
楽しさも幸せさもぶくぶくふくれあがり。
こんな領域あったんですか?っていうびっくり加減です。


どうやら私は私のことまだ全然知らないし、解放してあげてないみたいです。


多分これからもびっくりすること、沢山あるんでしょうね、と思います。


人生は驚きの連続だ?発見の連続だ、でしたっけ?


ええ、本当にその通りと思います。


 

はあ。。。。

もう、人生って面白すぎるよ、神様。 



自分の気持ちをもっと解放しよう。
もっと自分になってこう。


今はそんな心持ちのまりのんです。

どうも、ありがとうございます。 

おはようございます。
marinonです。
最近朝日を全身に浴びるのが習慣です☆

ずいぶん自然派になったものねと、
東京時代の友人にいわれますが、

だってだって、気持ちいいんだもの!!!

自然派にならずにいられないっすよ。

やってみたらいいですよ!!!朝日浴☆彡



最近人の出会いがとてつもないです。
7月後半くらいからかな?
ブログやらミクシーやらツイッターやらを
7月にはじめたのですがそこから湧き出るように
人との出会いが!!!

ありがたいことです。。。。
嬉しいことです。。。。

で、その出会いの中の一つの「疎開村」の皆様と
上高地に行ってまいりました。

疎開村とは、ふぐり玉蔵さんというおもしろエンターテイメントブログ
黄金の金玉を知らないか?  
  (すごいタイトルだよ~乙女はそんなこと口にできないわよ~。。)
をかいているブロガーさんが作った場所で、

茅野の金沢にあるカフェを拠点(?)に
・原発事故から疎開したい方
・自然な暮らしがしたい方
・自給自足がしたい方
……などなど(他だいぶ略します。笑)色んな
おもしろ~な方々が集まってワイワイする場所です。
 
今回私は何故か幹事をやらせていただくことになりまして…
頑張りましたよ☆☆☆

そして、当日の報告を疎開村通信NETという疎開村の方がやっているブログに
アップさせていただいたので、是非見てみてください~!!

綺麗な写真が沢山撮れました。
もちろんその場に行くのが一番ですが、
写真だけでも癒されますよ~♪

ではでは、こちらです。→疎開村通信NET   



日本ってほんっっっっとうに美しい国です。

私一昨年、アメリカに行って、外に出たことで
気づいたんですけれどね。

あ、もちろんアメリカも、(カリフォルニアいったんですが、)
日本とはまた違う植物、地形、空気があってきれいでしたけどね。

日本に戻り、長野に帰り、何か泣けてしまいました。



瑞々しい緑の木々、雄大な山々、澄み切った空、爽やかな風。



あ、あるじゃん、ここに、大切なものが…!


なんで気付かなかったんだろう?


なんで離れて生きていこうとしていたんだろう?


ごめんね、ごめんね、ありがとう。


もう、私は帰ってきたよ。


どうか、一緒に生きてください。生きていきましょう。




は!トリップしました。
その時に舞い戻ってしまったわ~!

海外にいけない人も、もともと長野とか自然の中に住んでる人で、
あまりにも日常すぎて忘れちゃった人も

上高地

是非行ってみてください。


きっと大事なことを思い出しますよ。


では少し、

私のとった写真を載せて今日は終わり。

皆さん良い一日を☆

どうもありがとうございました。



画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
画像7
画像8



木も水も山も花も石も太陽も人も神様です。

木も水も山も花も石も太陽も人も愛しています。

木も水も山も花も石も太陽も人もどうもありがとう。

 

今日は私が何故マクロビオティックをみんなにおすすめしているのかっていうお話です。

ようやく。笑 えーと最近重めだったのでライトに!

そもそも、マクロビオティックって何か。

詳しく知らない方から見たイメージ?ってこんなのでしょうか?
もしくは知らない方へお伝えするならざっくりこんな感じでしょうか?

  • 肉をあまり食べない、もしくは全然食べない
  • 動物性食品をあまり食べない、もしくは全然食べない
  • 玄米を食べる、もしくは雑穀を食べる
  • オーガニックや無農薬な食品を食べる 
  • (理想は自然農で作ったものや、自生しているものが良いです)
  • 良質な調味料を使う…特に、以下
  • ・白砂糖を使わない(甘味はてん菜糖、米飴、甘酒など)
    ・天然物の良いお味噌や醤油を使う
    ・自然塩を使う

  • 季節の旬な物を食べる

  • 自分が住んでいるところでとれたもの、近くでとれたものを食べる
  • 穀物(玄米や雑穀)と野菜(豆、ごま、海藻、葉菜、根菜、椎茸)と発酵しているもの(味噌、醤油、漬け物)をバランス良く食べる 

わあ~沢山ある~ってひかないでください!!笑
全部やらなきゃいけない、やりなさい、じゃないんですよ。

これらのことを、自分が何を取り入れやすいか、選んでちょっとずつやっていく、そんな感じでいいと思うんです。

無理なく、楽しんで☆ 


そして、そして、なにより大事なポイントは


感謝していただく。


これがとーーーーっても大事ですね。「添加物とっちゃいけないのに、友達にお菓子もらったからたべなきゃいけない、あああ~~。」とか思わずに感謝していただいて下さい。お友達はあなたに喜んでもらいたくて差し上げたのでしょうし、そのお菓子も元をたどれば、誰かが誰かに喜んでもらうために作られています。

逆に「これ健康にいいっていわれてるから、毎日食べなくちゃ。本当はあれ食べたいのに」とか義務感だけで、感謝なしで食べていたら健康にはならないと思います。 本当は身体によくないあれを食べたいと思っているなら、感謝してあれを食べればいいと思います。


あの、ものっっっっっっすごいよく誤解されるのでお話ししたいのですけど、少なくとも私はマクロビオティックやってますけど、食べ物を差別しているわけではないです。感謝していないわけではないです。 


全ての食べ物は命であって、他の命を食べさせていただいていることで私は生きられています。
だから本当に、全ての食べ物に感謝しています。




植物より動物の方が可哀想だから、じゃないです。確かに動物の方が人間に近く感じるので可哀想に感じやすいですけどね。ただ、動物を食べなくても生きていけるって知ったからできるだけ食べません。肉食をすることでお金も、食物も、エネルギーも沢山消費されているし、なおかつ身体機能を衰えさせてしまうと知ったから。 

食べる機会があるときは、感謝していただきます。

添加物を恨んだりしてません。戦後の日本の支えだったし、今は時間がないときいつでもご飯が食べられるので助かります。ストレスが溜まっていたときは、コンビニのお菓子を食べればスカッとしましたし。 でも、添加物がどれだけ身体に悪い影響を及ぼすか、逆に添加物は入っていない物がどれだけおいしいか知ってしまったのでできるだけ食べません。

食べる機会があるときは、感謝していただきます。

 
はい。そんな感じです。

最近ほんとに、マクロビオティック誤解されまくっていてなんだかな~と思います。

いえ、あの、マクロビオティックじゃなくてもいいんですよ、別に。

ただ、私は

 環境にも人にも優しくって、バラエティ豊かに楽しんで食べられる食事

って何かな~って探してたらマクロビオティックがぴったりきたってだけです。

初めに肉食やめようと思ったときに、ただベジタリアンになるのは気が引けました。何か、元気なくなりそうだったので。これもベジタリアンの人を誤解していて申し訳ないですけど。。ローフードも悪くなさそうですがなんか飽きそうだし偏っているように感じられました。これもローフードの人を誤解していて申し訳ないですけど。。まあ、私一個人の意見です。

で、マクロビオティックのこと調べたら、とってもバランスが良さそうだったんです。

バランスを生み出す方法とかも教えてくれますしね。ある程度ガイドラインがあって、自分で考えてバランスを生み出せるというか。上記にはあげませんでしたが、上記のような内容で食べるといいよっていうのは、全て、陰陽の考え方をもとに上げられています。 それがガイドラインです。

それについてはちょっと込み入っているので後日。

そして何よりレシピのバリエーションが豊富。
純和食をイメージする方が多いかと思いますが、今はもっとレシピ広がっています。
色んな世界の方にマクロビオティックが広まっているからだと思いますが。


はい、そんなわけで今日はざっくりとした、でも大事なところをしっかりとおさえたマクロビオティックのお話でした~~~。

マクロビオティック面白いですよ~美味しいですよ~元気になりますよ~!


では!
ご清聴ありがとうございました~!

明日も皆さんがおいしくご飯をいただけますように☆

 

ちょっと…友達のごはん屋さんにふらりと遊びにいってガツンと衝撃を受けてしまいました…。。。

感動して!!!!!エグエグ(T^T)

葉っぱのフレディってご存知ですか?ごはん屋に置いてあったんですよね。わたしすっごい聞いたことあるけど、そういえば内容しらないなと思って読んだんですが。。

あのね、生命がつまってましたよ、生命が。

以下は、あらすじです。本文読んだほうが感動しますけど…!!



___blog: 
絢乃さんのブログ転載 (ここから)___

葉っぱのフレディ


春、大きな木の枝に生まれたフレディは、アルフレッド、ベン、クレア、そしてイロイロなことを知っているダニエルなどの友達と一緒に、スクスクと育ちます。

一つとして同じ葉っぱはない、みんな個性があること
に気づいたフレディは、さわやかな風が吹き抜ける季節、葉っぱに生まれたことを心から喜び葉っぱとして生きていくことを楽しむのでした。

夏のある日、厚みのある大きな葉っぱに成長したフレディは友達たちと体を寄せ合って、憩いを求めて木の下に集まる人たちに「木陰」を作って上げたりもしました。

ダニエルはフレディにいろんなことを教えてくれました。

そして季節は巡り、段々と体に当たる風が強く、冷たくなってきました。 ある日、とても寒くなり、寒さと怖さでブルブル震えるフレディ。強い北風が吹きぬけた翌朝、フレディたちの体に霜がおりました。

フレディたちはさまざまな色合いに「紅葉(こうよう)」していきました。一人一人個性のある素敵な色になりました。 そんなある日、ダニエルはフレディに「引越しをしなければならない」と告げます。

アルフレッドも、ベンもクレアも、そして他のたくさんの友達も「その時」が来て、引っ越していきました。

最後まで木の枝に残ったのは、フレディとダニエルの2人。

いつまでもここに居たいというフレディでした。

ダニエルが「引越し」といった言葉の意味が「死ぬ」ことではないのかと気づきます。
フレディは死ぬことが怖くてたまらないとダニエルに訴えます。ダニエルは優しくフレディに話しかけます。


「まだ経験したことがないことは こわいと思うものだ。でも考えてごらん。世界は変化しつづけているんだ。変化しないものは ひとつもないんだよ。春が来て夏になり秋になる。葉っぱは緑から紅葉して散る。 変化するって自然なことなんだ。きみは春が夏になるとき こわかったかい? 緑から紅葉するとき こわくなかったろう? ぼくたちも変化しつづけているんだ。 死ぬというのも 変わることの一つなのだよ。」


そしてダニエルも静かに枝を離れて引っ越していきました。 雪の降った翌朝、少し色あせてきたフレディも静かに旅立ちました。ゆっくりひらひら舞いながらフレディが引っ越した先は、雪が降り積もってふんわりとした、自分が生まれ育った木の根元でした。

このとき初めてフレディは木の全体の姿をみました。なんて大きく、立派な木なのでしょう。ふわふわ温かい木の根元の雪の上で、フレディは静かに目を閉じました。

春になって雪が解け、水となり、フレディたち落ち葉は水に溶け込み、土に返り、木を育てて新たな葉っぱが生まれる力となるのです。

大自然の設計図は、寸分の狂いもなく、命を変化させ続けていくことでしょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 
【葉っぱのフレディ】 レオ・バスカーリア 作 / みらい なな 訳

___blog: 絢乃さんのブログより転載 (ここまで)___

 

いや~…ほんとにこの世界ってなんて完璧にできてるんだろうな~と思いました。。。

や、私の感想なんてどうでもいいんです。

そこの貴方が、何かを感じればそれで。

感じなくてもそれで。


完璧です!!!!


ふふ~↑↑↑


あ、森繁久彌さん朗読の葉っぱのフレディあったのではっておきます。



絵本っていいですね。こういう感動な絵本他にも沢山あるんでしょうね。

今日も愛すべき日常でございます。
皆さんにも愛すべき日常がありますことを切に願います。

ありがとうございました。

このページのトップヘ