まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

カテゴリ: マクロビオティック

この夏の終わり…先輩ファームに遊びに行きましたー!! *\(^o^)/*
それを今さら報告だよーーー!!*\(^o^)/* 

いつもいつも溜める人でした。
夏休みの宿題も、専門の課題も、やんなきゃいけない家事も…!!
それなのにお金は溜まりませんでした!!(/ _ ; )ううっ 
それはいいから(;^_^A 

えっとですね、ひとりはユーポンさん(facebookこちら)ていう安曇野に住む方です。 
この方は自宅もご自身とご家族で作られたというツワモノ様です。
この方のお陰で私は自然農熱が再加熱!!したのでありました。 

画像5
じゃーん!こちらがユーポンさんち。作ったんですよ?!ご自身で!
ほーんと びっくりいたしました!!

画像1
ユーポンさんと、軒下に吊るされた保存用タマネギ。
こうしておけば、この冬中食べられるんですって。

画像2

 ユーポンさんちは野菜は自給できているそうです。
素晴らしい〜〜〜!!
このとき吊るしてあったのは麦かな?

画像3
鶏は卵用に。畑で余った野菜とかもばくばく食べてくれるそう。

 画像4
倉庫のカベをはうトマト。
連作障害なんて無視して毎年よくできているとか。
すごーい! 
何でもかんでもやってみるもんです。
意外とそれまでの常識がそうでなくなったりするものです。

画像6
お家の目と鼻の先にある畑、なんて理想的!!
しかもとっても豊かな畑でした。野菜の種類の多い事!
色々な作物が、雑草と生き物とうまく共存して。
とにかく「豊か〜〜〜!!!」と叫びたくなるような良い畑でした。

あ。このテツテツ、ごついやつは、建築廃材をやすーく
ゲットしたものだそうです。
そのへんも、ユーポンさんはうまいんですよ。

画像7
キャベツにパセリにセロリ!!

画像8
奥には枝豆。

画像9
レタス、そのままかじらせていただいちゃった。みずみずしかったな〜〜。

画像10
この日は、この黄色の穂の、アワの収穫の手伝いをしたのです。

画像12
たわわ…!!!!おいしそう…!!!!

画像13
休憩にはしそジュース。ほてった身体にぴったりでした。

画像14
画像15
画像16
里芋にショウガにインゲン!

画像17
更に、別の畑。カブやら大根やら人参やら…♡

画像18
育てるのが難しいと噂(?)の高きび。

画像19
キャベツ、カブ、キャベツ、カブ、、、こんなにあったら、幸せすぎる私!!!

画像21
取りきれないくらいたっくさんなっていたマイクロトマトを頑張って拾って、
カブの間引きを手伝って。こんなにいただいちゃいました☆

ついでにお夕飯もいただいちゃいました☆へへへ ^v^

画像22
神々しいなあ…

私、安曇野も大好きです。
長野っていったら、どこもかしこも素敵すぎる。
長野びいきでごめんなさい☆

ユーポンさんはとにかく自給自足、何でも自分で作る、お金をかけない、っていうのが
徹底していてすごいです。

あんなに豊かな畑を見たら、私もうずうずして、いてもたってもいられない感じ、
早く私ももっと大きな畑を持ちたいって思いました。



なんで自然農はじめたか。

ほんとは最初はもっと軽い気持ちだったと思うな。

オーガニックな野菜を沢山食べるようになるし、作る側の気持ちもわかっとかないとな、とか。
ちょっとやったらやめると思っていたんですよね。
虫も苦手だし、土いじりも別に好きではなかったし。

一年目は、ほんとにさんざんな感じでした。

ネットで調べて、こんなもんでしょって感じで、何種類かの野菜を1苗くらいずつ植えて、
でもそれがどんどん枯れて。苦笑

ほんと、お試しだからっていう気持ちでしたからね…。。。


でも、今年始めにクシマクロビオティックにいって、黒岩さん夫妻が先生できてくださってて、
「え、富士見に自然農の学校があるんだ!」って知って。
学校いきはじめたらめきめき自然農にはまっていきましたね。
黒岩さん夫妻も、本当に自然を愛しているから、私もどんどん自然への愛がでてきました。
本当に野菜が可愛くなってきて、虫も前よりずっと身近な存在になって、ちょっと
友達感がでてきて。^。^

春、学校がはじまった頃は、まだ失敗が多かったりしたけど、
秋、めっちゃくちゃだった畑が、すこーしだけ畑だよって胸はってきた気がします。

そして収穫も前よりできてきました。


命をいただく、その感じ、体験できました。


私が種を蒔いて、ちょっと命を育むお手伝いができた命。
陰ができてしまったら草をかって、でもそしたら逆に虫が集まってきちゃったりして。
失敗もしながら、ちょっとの時間だけど、共に生きた命をいただける、幸せ。


これ、一回味わってしまうと、ずーっとそうしたいって欲がでてきてしまいましたよ。。。


そして、ここにきてのユーポンさんの畑。
うらやましさいっぱい。笑

だからとにかく、畑をもっとやるのだ〜〜〜!!!
今は8畳くらいの畑だからぎゅうぎゅうで…


って思っていたら、畑を貸してもらえました!!

さて、長くなりましたが、次回はその畑を貸してくれた
ぶっちー先輩の畑をご紹介☆


お楽しみにしていてください。
つたない文章を読んでくださっていつもありがとうございます。


+++++++++++++++++++++++++++++

明日は下諏訪体育館できれいになろうよ!プロジェクトですよ♪
よかったら是非お出かけ下さいね〜〜☆

+++++++++++++++++++++++++++++

 

「そんなに毎度、写真撮ってどうするの?撮ってもアップしないじゃない?」
なんて言われないように、ちょっとお料理アップしたいと思います! エヘン♪
確かにわたくしのアイホンにはやたらめったにお料理の写真が入っています、
いつかブログにアップするもんとかいいながら。

今日はですね〜、日本のベジ会ではちょっと有名な(?)レシピ、
ごぼうの蒲焼きを作ってみました!!
画像8
写真右側です。

真ん中はカボチャのカレーぱりぱりサラダ。
生キャベツの千切りと揚げた餃子の皮の細き切りが入ってしゃきしゃき、ぱりぱり。

左は大根の葉のレモン醤油煮浸し。


ごぼうがね〜〜〜、、、、
美味しすぎましたよ〜〜〜、、、、!!!

歯ごたえとボリュームとみんな大好きあまじょっぱいたれ!!!


一緒に食べてた京ちゃんは、一口くちにした途端に、
「お酒飲みたい!!合いそう!!」って言ってました。
のんべえなんだから〜〜〜 ^_^; 

でも、おつまみにもぴったり、ごはんがばくばく進んじゃうメニューですよ!


作り方は4ステップ!!
①ごぼうを5cmくらいに切ってやわらかくなるまで、ゆでる。(中火でふたして15〜20分)
②麺棒や、すりこぎでたたいてごぼうをつぶす。
③ 片栗粉をつけてあげる。
④水、醤油、みりん、てん菜糖を好みで合わせて軽く煮たタレに、揚げたごぼうをくぐらせる。


面倒くさくないヨ!!4ステップやる価値あるくらいおいしいヨ!!
よかったらおためしあれ〜〜☆


あ〜、私も飲みながら食べたいぞ! ^_^ ♪

……って、お皿が空なんですけど!!!! ToT
コラーーー!京田〜〜〜〜****

ああ、、、ブログをもっと早くかけるようになりたいと、
常日頃思っています。。。


気を取り直して!!最後までお送りします!!
以下、ここ最近の日々ごはんです。(日付けはばらばらです)
++++++++++++++++++++++++++++
画像7
風邪気味の朝に、大根おろし生姜粥。

+++++++++++++++++
画像4
故郷カフェにてみんなで囲んだお昼。

画像6
右から、サツマイモの木の実あえ、
金糸ウリとふの中華煮、
カボチャの胡麻天ぷら、
ジャガイモとわかめのしょうがスープ。
 
画像5
右から、金糸うりと白菜の浅漬け、
トマト味噌のスパイス野菜いため。←一番人気だった。

 ++++++++++++++++++++++++++++++画像3
右上から時計回りに、ホワイトクリームペンネ(植物性)、
板麩の3色野菜巻き、
カブの葉佃煮豆ごはん、
カボチャの胡麻あえ。

++++++++++++++++++++++++++++++画像1
右上から、蒸しカボチャと手作り豆乳マヨ、
緑の野菜とモリンガのスープ(あわを入れたらコクがでてまったり、すっごくおいしい)、
ジンジャー中華野菜炒め、
カブとおくらのすっぱい煮(バルサミコ酢)。

++++++++++++++++++++++++++++++
 
最後まで、見届けて下さった皆さん、どうもありがとうございます。
明日も素敵なごはんが作れますように!

 

(疎開村通信ネットでアップしたのを転載します。てへ。)

こんにちは~! お久しぶりです、マリノンです。

今日もコタツでヌクヌクぬくぬく、幸せにゃ~(*^o^*)と猫化中♡

ミカンくれ~♡


あ、間違えた間違えた。 今日は真面目なお話です。
皆さん、ご存知かと思いますが、わたくし9月末頃から故郷ファームに関わらせて頂いています~☆

着物着て、マクロビオティックのご飯を作ったかと思えば、実は、八ヶ岳自給生活学校に通い、自然農法も勉強していたので故郷ファームにしゃしゃりでてしまいましたよ!笑 てへへ。 だってだって。畑が呼んでいたんだものっ(/ _ ; )キラリ☆

八ヶ岳自給生活学校はお隣の富士見町にある自然農法の学校で、黒岩さんというご夫婦でやってらっしゃるところです。お二人は川口由一さんに師弟していたそう。川口さんと言えば福岡正信さんや岡田茂吉さんらと並ぶ自然農法会の大御所ですね。

自然農法といっても、この三人から派生して色々なやり方があるのです。 共通して言えるのは化学肥料や農薬を使わない、耕さない、ということでしょうか。

ばっくり説明すれば福岡さん派はスピリチュアルな観点ももりこんで、大根が自生するようになるくらいの超自然派。

川口さんは、自然の力を見守りながら、野菜が雑草の力に負けるようであれば草刈りをする、枝を支えた方がいい野菜は支えを施す、など最低限の手助けをする感じ。

岡田さんは菌の力を借りたりして、川口さんよりも色々工夫を施す感じですかね。(あんまりしりません。笑)

実際はこの三派っていうよりは、もう自然農法を実践するその人、その土地 で全然違ってきますし、経験や自然との関係が全てなので、本当、一人一人でやり方は違うと思われます。

ちなみに!オーガニック野菜、有機野菜っていうのは、もっと人の手が入って管理されている野菜です。有害なものは使ってないですが、自然の力を活かして作られているかというと疑問が残る所…自然の力が活かされてないと何か問題が?

問題はないです、けどね。

スーパーで売られている野菜よりはそりゃあ安全なのですが、自然の力を活かして作った方が生命力がある野菜になるんです。


生命力をいただいて、私たちは生きている。


マクロビオティック実践しているものとしてはやはり、そこは大事ですね☆

そして、自然の力を活かした方が、土も元気になっていく。自然が元気になっていく。

同じ農業をするなら、人も地球も最大に喜ぶ農業がやりたいんです!私は。(`_´)ゞなんて熱くなったりして。


さてさて! 最近の故郷ファームを覗いてみましょう!
画像2

画像1
枝豆が色変わってきてます。大豆になってくう~!お味噌作りたいな!

画像3
大根すくすく… 

画像4
右がカブ、左が小松菜です。遅蒔きちゃんだけどどうなるかなー! 

画像5
ゆーぽんさんから頂いた、ターサイすごく元気! 

画像6
人参さんは小さめだけどできてます。 


そして、遅遅に植えた人参、実験の途中経過。
画像7
一番愛を注いだところ♡ 

画像8
京ちゃんがはじめに意地悪なことをいっていたところ。
本当に大きさに差がでました!!ビックリ。植物にも心、ありますねm(._.)m 


さてさて、お次はわたくしの畑へご案内♪
二ヶ所あります。
第一ファームは諏訪です。8畳くらいの小さな畑で、住宅街のど真ん中。色んなものをちょこまか植えています。
画像3
何がなんだか。笑 

画像4
白インゲン。乾燥させて、貯蔵。 

画像5
大根と人参が共存。

画像6
画像7
画像8
原種に近いトマト、小松菜の芽、小松菜とカブがわさーっとできてます☆ 

画像9
画像10

今日の収穫♪



では、第二ファームへ! どうぞどうぞ☆原村ですよ~!いい眺めでしょう?
画像1
画像9
画像10
画像11
九条ネギ、ブロッコリー、キャベツ… 

画像12
画像13
新玉ねぎに、白菜… 

画像1
三畝今やってます。1番右には玉ねぎ植えます。 

画像2
この畑まだこんなに使えるんです☆ わかります?オレンジの袋から向こうが先ほどの三畝で、手前の草地がまだ使ってないところです。何植えよう?(^-^) 


画像11
画像12
収穫後は、、、 収穫祭だ~!!
食うのだ食うのだ~♡
野菜シチューと、新鮮野菜のサラダ作りましたとさ☆ ちゃんちゃん☆
これまた、おいし~んですよ!くわ~!♪( ´▽`)

皆さんも一緒にいかがですか?うふふ♡

いつもみてくださってる、お礼です♡

 

こんばんわ〜〜〜☆

も〜〜すっかり10月ですね〜〜〜☆

毎日ハッピーでめまぐるしいマリノンです〜〜〜☆



今日はね、前回のイベントの報告もしてないくせに、
次のイベントやっちゃいますよっていうお知らせです〜〜♡

10月12日 12:00〜 @故郷カフェ(茅野市金沢4165)
着物マクロカフェ 開きまーす!

メニューはお任せで♡(前回の写真が下にあり)
大人1000円です。
ご飯後は、ご希望あれば脱石油100%化粧品でメイクアップ、
お着物講座やっちゃいますよ♪



いや〜〜前回はですね、
内容もりもりにしすぎたのか、
値段がはった?からか、
あまり人が集まらず。

マクロのランチだけは希望があったので、
マクロビご飯会だけの開催になったんです。

でもね、これがすごくよくて。

ゆる〜く楽しかった上に、
色々と展開がありました。

お客様はお子様連れ3家族と昼からお酒飲みな方が3人?ほど。笑

画像1
わいわいがやがや

画像2
左から:高野豆腐の麻婆と野菜トマト味噌煮込み

画像3
左から:ごぼうと玄米のハンバーグモロヘイヤと大根のスパイス煮

画像4
左から:間引き菜のサラダと大根のおから煮

画像5
一番右:カブの間引き菜のいためもの

画像6
左から:雑穀玄米混ぜご飯とバジルシチュー

ご飯の後は、故郷カフェのマスコット的存在のまりもさんに、
脱石油100%化粧品を使ってのメイクアップ講座&浴衣講座☆

へんし〜〜ん!!!!

おお!!

いつもはゆるナチュラル可愛いなまりもさんが!!!セクシー美女に!!!!

ぬううううううう!!!萌える〜〜〜〜〜〜!!!!!

画像1


はい。そんな感じで、混じってわいわいしたい方、
大募集で〜〜す♡

よろしく、

fc2_2013-09-29_13-13-18-031
 
おいでませ〜〜〜〜♡

こんにちは〜〜〜!
今日は気持ちよく晴れましたね〜〜〜♪

前回のイベント報告時に告知した今月のイベントの
詳細のせますよ〜♡

「疎開村*ビューティ&ヘルスデー」

+++++++++++++++++++++++++

【日時】
  9月28日(土曜日)

【場所】  疎開村故郷カフェ
      茅野市金沢4165 → 地図

【参加費】  イベントの内容は任意で選べます。それに応じて参加費は変わります。

【持ち物】 マクロご飯に参加でお子さんがいる場合:子供用のコップ、お皿、フォークなど。

【集合時間】  各イベント参加時間の10分前

【スケジュール】

①9:00~  化粧品の選び方講座とシナリー体験会 (500円)
②12:30~ マクロビオティックご飯会 (1000円)
 ご飯終了後~ 自由時間 希望があればマッサージもします〜☆
③17:00~ ゆるヨガ教室 (1000円)
④19:00〜 マクロビオティックご飯&飲み会 (1500円)
 カフェ店員がライブやります。一緒に歌いましょう〜♡

【宿泊】  前夜(27日)と当日(28日)カフェに宿泊可能です。(1泊3000円)

【お申し込み】  9月26日(木曜日)までにこちらから登録フォームにて登録してください。一番下にフォームがあります。

+++++++++++++++++++++++++

今回はいつもの諏訪湖ハイツではなく、疎開村故郷カフェでイベントをやらせていただくことになりました〜〜〜☆何だか面白いコラボレーションになりそうです…♪

お子様連れOKです!
ゆったり健康と美容を勉強&体験しましょう☆

今回も身体の外からも内からもそして、心の面からも、
健康と美容と環境についてアプローチしていきますよ!!
全部のイベントに参加したら、すごい事がおきちゃうかもしれません!笑


①化粧品の選び方講座とシナリー体験
IMG_5361

空気も水も汚染されている今、せめて日々自分で選べるものは安心安全なものを選びませんか??
化粧品、日用品の中に既に身体を汚染してしまうようなものが使われています。
外から身体に害のない、身体に優しいものだけ取り込んでいけば、
みるみる身体は元気になり、美しくなっていくんですよ〜☆
これからの化粧品、日用品はどういう基準で選んでいけばいいのかを
みんなで勉強しましょう♪

知識をつけたら、次は体感。
身体に害のないもの、優しい物ってこんなにクリアで気持ちがいいものなんです!
っていうのを是非体感していただきたいです。

私、おすすめの脱石油100%化粧品シナリーをほとんど全商品お試しいただけます。
クレンジング、洗顔、基礎化粧…ご希望があればメイクアップもいたします。


②マクロビオティックご飯会
画像1

そしてこちらは身体の内側からのアプローチ。
マクロビオティックは、身体の本来の力を引き出せる食事法です。
化学調味料も肉も牛乳も卵もなくても、野菜と穀物だけでとってもおいしくて、
力があふれてきて癒される…そんなご飯をご提供したいと思っています。


☆ご飯終了後、、
17時まで自由時間。ご希望あれば、マッサージやりますよ〜☆


③ゆるヨガ教室

疎開村の京ちゃんのゆるヨガ教室です。
京ちゃんはインドにもいったことがある本格派。
エクササイズじゃなく、心をクリアにする本物ヨガを教えてくれます。
心と身体が繋がっていることを体感できるかも…☆


④マクロビオティックご飯と飲み会

最後はみんなでわいわいしましょう〜〜〜〜♡
みんなでわいわい大好きです私〜〜〜♡
あ。お酒は全然マクロじゃないですよ〜〜〜へへへ。
平和なハッピーソングをライブでやる予定です。 
疎開村のギターが上手なハブロ君中心でカフェ店員がバンドを組みますよ☆
私も…歌っちゃうよ♪
みんなも…歌っちゃいませんか♪


ではでは、ご応募お待ちしています〜〜〜☆
楽しみましょう〜〜〜☆

ありがとうございました。

 

このページのトップヘ