今日は長崎の原爆の日ですね。

このところ結構戦争についての話が続いていますが、それを忘れないための大事な日だと思うので、どうかおつきあい下さいませ。





___blog: 
ウィンザー通信 より転載 (ここから)___

報道写真家 ジョー・オダネル撮影 「焼き場に立つ少年」
(1945年長崎の爆心地にて)


9aaac794d2ec135ecfaa2f3a38ce3051-1

佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
すると、白いマスクをかけた男達が目に入りました。
男達は、60センチ程の深さにえぐった穴のそばで、作業をしていました。
荷車に山積みにした死体を、石灰の燃える穴の中に、次々と入れていたのです。

10歳ぐらいの少年が、歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は、当時の日本でよく目にする光景でした。

しかし、この少年の様子は、はっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという、強い意志が感じられました。
しかも裸足です。

少年は、焼き場のふちまで来ると、硬い表情で、目を凝らして立ち尽くしています。
背中の赤ん坊は、ぐっすり眠っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです 。

少年は焼き場のふちに、5分か10分、立っていたでしょうか。
白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に、初めて気付いたのです。
男達は、幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に溶ける、ジューという音がしました。
それから、まばゆい程の炎が、さっと舞い立ちました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を、赤く照らしました。

その時です。 炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気が付いたのは。 少年が、あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、ただ少年の下唇に、赤くにじんでいました。 夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま、焼き場を去っていきました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 
(インタビュー・上田勢子)[朝日新聞創刊120周年記念写真展より抜粋] 
___blog: ウィンザー通信 より転載 (ここまで)___



この写真、どこかで見た事ありましたが、上記のような背景のあるなかで撮られたものとは知りませんでした。

ここにNHKで流された番組の動画があります。 
解かされた封印 ~米軍カメラマンが見たNAGASAKI

これにはどういう経緯でこの写真が撮られたのか、オダネルさんの心情が描写されています。そしてアメリカ人が原爆に対してどう思っているのか…。

是非みてみて欲しいです。 

その内容を文字で読みたい方はこちらをどうぞ。
ウィンザー通信


原爆資料館…中学校の時に確か行ったような気がします。もう忘れてしまってします。でも、とにかく怖い、と思いました。今もちょっと怖くて行く気になれない感じもします。

8月6日に黙祷をして、原爆のことまた調べたり、見てみたりしました。

やっぱりね、本当に、怖いです。
恐ろしいです。
悲しすぎます。

絶対に二度と、あってはいけないです。


あまりにもとんでもないことすぎて、いやいや、そんなバカな事、もうみんなしないでしょって心のどっかで思ってました。昔。

でもね、今、戦争やろう、日本戦争行こうって目論んでる人たちにひっぱられようとしているんです。

一回また、戦争に踏み込んじゃったら、間違える可能性は多いにありますよ。

戦争しても原爆は無いってなんでいえるんでしょう?核兵器持ってる国はいっぱいあるし、原子力発電所もいっぱいあるし。

麻痺してしまいますもん、きっと。

想像したらわかりますよね?

何かネット上で、原爆と戦争は別だとおっしゃる方をまま見かけますけど、その方が言うには、原爆は無差別攻撃で虐殺で、絶対にあってはならない、で、
戦争は国と国との問題だからしょうがないとか、軍と軍の戦いで解決してほしいとかっていうことなんですけど。



一緒ですよ! 


 武器を持つから戦争は終わらない。
ずっと怖がり続け、相手を疑い続け、わかりあえることなんかない。



みなさん銃もちたいって思いますか?私は個人が銃を持たなきゃ行けないアメリカ社会が理解できませんよ…なんでそんなに怖がって疑うのかって、お互いを。でも、最初に自分たちが手を出しているし、自分が相手に手を出したいって時が有るから、相手もそうだろうって考えてるのでしょうけどね。

私はまず、自分が変わらなきゃ、自分が信じなきゃ、相手は変わらないと思います。

それって、個人レベルでよく聞く話ですよね。

国レベルですらそれは変わらないと私は思います。

個人が集合しての、国ですもの。 


最後に、ちょっと長いですがこちらも読んでくださると嬉しいです。
終戦当時、首相が何を考え、あの憲法を作ったのか。
(彼だけの意思ではないですが)




___blog: 
ウィンザー通信 コメント欄より転載 (ここから)___

戦争放棄という決意を憲法に盛り込んだ首相、幣原喜重郎氏の手記

原子爆弾というものができた以上、世界の事情は根本的に変わってしまった。
世界は真剣に、戦争をやめることを考えなければならない。

そして、戦争をやめるには、武器を持たないことが一番の保証になる。

軍縮交渉とは、形を変えた戦争。 返 軍縮とは、平和の名をもってする別個の戦争であって、円滑な合意に達する可能性など、初めから無い。 原子爆弾が登場した以上、一刻も早く、軍拡競争を止めなければならぬとわかっていても、それは不可能。 集団自殺の先陣争いと知りつつも、一歩でも前へ出ずにはいられない、鼠の大群と似た光景―それが軍拡競争の果ての姿。

戦争をやめるには、武器を持たないことが一番の保証になる。

しかし、実際問題として、世界中が武器を持たないという真空状態を、考えることはできない。 世界は結局、一つにならなければならない。 何らかの形における。世界の連合方式というものが、絶対に必要である。
凡そ、人間と人間、国家と国家の間の紛争は、最後は腕づくで解決する外はないから、どうしても武力は必要。 しかし、その武力は、一個に統一されなければならない。 何らかの国際機関が、やがて世界同盟とでも言うべきものに発展し、その同盟が、国際的に統一された武力を所有して、世界警察としての行為を行う。 軍縮は不可能である。 絶望とはこのことであろう。

唯、もし軍縮を可能にする方法があるとすれば、一つだけ方法がある。 それは、世界が一斉に、一切の軍備を廃止することである。 一、二、三の掛け声もろとも、すべての国が兵器を海に投ずるならば、忽ち軍縮は完成するだろう。 そんなことは、もちろん不可能である。 それが不可能なら、不可能なのだ。

ここまで考えを進めてきたときに、九条というものが思い浮かんだ。 敵が、口実をつけて侵略したら。 その場合でも、この精神を貫くべきだ、と僕は信じている。 そうでなければ、今までの戦争の歴史を繰り返すだけ。

強大な武力と対抗する陸海空軍というものは、有害無益我国の自衛は、徹頭徹尾、正義の力でなければならないと思う。 その正義とは、日本だけの主観的な独断ではなく、世界の、公平な与論によって、裏付けされたものでなければならない。 そうした与論が、国際的に形成されるように必ずなる。 世界の秩序を破壊する恐れがあるとすれば、それによって脅威を受ける第三国は、黙っていない。 その第三国との特定の保護条約の有無にかかわらず、その第三国は当然、日本の安全のために必要な努力をする。 だからこそ、死中に活がある。

日本民族は、幾世紀もの間、戦争に勝ち続け、最も戦闘的に戦いを追求する、神の民族と信じてきた。 神の信条は、武力である。 その神は、今や一挙に、下界に墜落した訳だが、 僕は、第九条によって、日本民族は依然として、神の民族だと思う。

何故なら、武力は神でなくなったからである。

神でないばかりか、原子爆弾という武力は、悪魔である。 日本人は、その悪魔を投げ捨てることによって、再び神の民族になるのだ。 すなわち日本は、この神の声を、世界に宣言するのだ。 それが、歴史の大道である。 悠々と、この大道を行けばよい。 死中に活というのは、その意味である。

世界は今、一人の狂人を必要としているということである。
何人かが、自ら買って出て、狂人とならない限り、世界は、軍拡競争の蟻地獄から、抜け出すことができないのである。
これは、素晴らしい狂人である。
世界史の扉を開く狂人である。
その歴史的使命を、日本が果たすのだ。


___blog: ウィンザー通信 コメント欄より転載 (ここまで)___




うう~~~~~~~。泣ける~~~~。かっこいいよ~~~~。

三宅洋平さんが7/20の演説で、憲法はGHQが入れ悪知恵をしてできたけど9条は戦争にこりごりした日本人の思いがつまっているっていうようなことを言っていたけど、このことだったのね~~~!って感じですね。

いつでも、歴史が大きく変わる前は、歴史を変えるきっかけの人たちは狂人扱い受けてきたんだろうと思います。

だって、新しすぎるんですもの、すばらしすぎるんですもの。

武器を持たないなんて?!戦わないだって?!殺さないだって?!


やってやりましょうよ。


ダンスホールで、一番最初に踊りだすのはシャイだから苦手な日本人かもしれませんけど、一番最初に武器を持たずに、温和に話し合うことは和の心を持つ日本人だからできると、私は信じています。


明日もそこのあなたが笑って過ごせることを切に願います。
最後までおつきあいくださって、どうもありがとうございます。