まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

2013年08月

こんばんは。皆さんご機嫌いかが?

故郷バーのママよ♡

もとい、
まりのんですわ♡

今日は、わたくしの、浴衣帯アレンジをお見せするわ♡
(例によって教室で習いました。)

980円の激安帯でも、色々工夫すれば、すっごく可愛いくなっちゃうのょ☆

ビックリして腰抜かないでよねっ♡
(よくわからないキャラですね。)

じゃあいくわよ~!

浴衣はね〜最近新調した紫の椿に、梅が散らばった柄よ。なかなかないわよね、紫椿なんて。そこがお気に入りよ。めちゃくちゃ安いけどね、3800円だったわ。
画像1
 これは、麻の生地の半幅帯。めちゃくちゃしめやすいのよ~。
黄緑しましまの帯揚げと、ピンクの帯締めで色合せをした、
可愛い系のコーディネートね。
画像2
 さあ!でましたわよ~980円帯!浴衣によくセットになってるやつ。
今回は、片流しという締め方でしめましたわ♥
画像4
締めた帯を裏に回して、表で遊んでみましたのよ。
ちょっとひっくり返して黄色を覗かせて柄のように☆
画像5
それに帯締めをプラス。アクセントになるような結び方で。画像3
お次はギャザーを寄せて、帯締めを飾りのようにアレンジ。
大輪の花みたいですわね。
何か、ブローチや髪留めを飾っても可愛いわね♥画像6
画像7
最後は色違いの帯で、粋に、かっこよく。
 

どうだったかしら?

じゃんじゃんマネして浴衣を楽しんでいってよくってよ♥


今宵もわたくし、浴衣でしっぽり、故郷バーであなたのことを待ってるわ♥

夜はこれからよ~♪


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フェイスブックで見かけた文章、とってもよかった。
私が言いたいのってまさにこうゆうこと。

『日本人として』


何がかいてあるかっていうと、
かつて日本が戦争に参加したことについてただ悪い過去だと思うのか?
あるいは誇りに思うのか?
ただそう思うのでなくて、そこにあった事実を見てみようということ。

日本は当時戦争に参加せざるをえない状況があったということ。
その一方で我欲に溺れて、他の国を自分のものにしようとした人たちもいただろうということ。

悪でも正義でもないけど、悪も正義もあったのだろう。

それをへて、残ったものが、今の私たち。

他の国にくらべたら、遥かに豊かな暮らしができる、
今の日本に生きる私たち。

でも今その豊かさの裏には、貧しい国への搾取がある。
いつのまにかその形になってしまった。
その上に私たちは知らずにのっかっている。

消費という形の中で貧しい国の上にふんぞり返って、
その上戦争したい人たちにお金をあげている。 

あの頃とは違って、もう戦争はしなくていい状況のはず。

なのにお金儲けのために戦争したい人たちがいる。

戦争にいきたくないのに知らずに加担してしまっている人たちがいる。

戦争反対って言っているだけじゃ、戦争はなくならない。

どうか、行動してほしい。

言論の自由もあって、普通に暮らせるこの豊かな日本に住む日本人なら、
まだ行動できるはずだから。



…と、こんなようなことがかいてあります。
大分私の言葉になってしまいましたが…。
 


私は一昨年、初めての海外旅行でアメリカ行きました。
その直前に、知り合いにアメリカ行くなら日本のことを知っておきなさいと言われました。
で、勧められた本を読んで、教科書で習った歴史が全てではないんだと知りました。
アメリカいったらいったで、知り合った人から、9.11は自作自演だったんだと
教えられて驚愕しました。 
そのころから、この世界には私が知らない事が本当に沢山あることを感じて、
本を色々読んで、 調べだしました。

一時期は、それまで信じてきた、いわゆる「一般論」を覆すような情報ばかりみていたので、
世の中なんなんだって怒りを覚えて、絶望しました。

嘘ばかりじゃないかと。

私たちはひたすらお金をもってかれる仕組みの中で生きなきゃ行けないんじゃないかと。

でもその一方で真反対の意見もあるし…
1つのことに対してあまりに沢山の意見があって、正直分けわからなくなりました。

またある一時期は、歴史について教科書にかいてない、別の事実があるって本で知って、日本はいいことしかしなかったにちがいないと盲信したりしました。


さて、、、一体何が正しいのでしょう??


私はだんだんそんなことどうでもいいと思ってきましたよ。

情報は情報に過ぎなくて。

どれが正しいといちいち決定づける事にとらわれてはいけないと。

なんとなく思うようになりました。

盲信は怖いです。自分が一番正しいとか。これが絶対の真理だとか。
みんながそう思っているから戦争が起こってしまう。
裏切られたときにすごい怒りを覚えたり。
盲信ついでに、自分で何かをするのでなく、人に期待を託すから、
余計に裏切られた!!って思ってしまう。

ちなみにマクロビオティックの教えの中に「盲信するな」ってあるんですよ。
自分で考えて感じて、判断しなさい。
マクロビオティックの考えやアイデアは有るけど、絶対じゃないんだって。
参考にする程度で。自分の感覚が一番なのだと。

そうして私も次第に、大事なのは、

素直な心で色んなものを受け止めることなんじゃないかと思いました。
受け止めた上で自分にとって必要か不必要か判断すればいいんじゃないかと。
そして、今の行動に反映する事。



みんなだまされるのが怖いんですよね、きっと。

NHKが言ってたから間違いない、とか、
新聞が言ってたから間違いないとか。
安心したいのかもしれませんね。

自分一人で判断するってなると途端に怖くなってしまう。

怖いなら信頼できる人に、その気持ちを話してみればいいんじゃないかな〜と思います。
信頼までいかなくても、普通くらいの人でも、色々話したら、きっと面白い意見交換になるかも☆


一番怖いのは一人で抱え込んでしまうこと。
人はそんなに強くないですからね…。
すぐマイナスな方向に考え悩みだしてしまう。。。

それって苦しくて、つらいですよね。

今って、一般論じゃない人たち大分増えていると私は感じているんですけど。

一昨日天下のNHKさんで、魂の存在に関する番組をやったらしいし☆


だから、私が言いたいのは、あなたは一人じゃないんですよって。


みんな、繋がっているんですよ〜☆



ってあ〜〜またなんか論点がずれてわけわからん感じに…。
まあいいんです。私のブログだから。
言いたい事いいますぜ〜〜。

でも戦争の話も、原発の話も、食の話も、陰謀論も、UFOの話も、魂の話も、
み〜〜〜〜んなつながる話なんですよ〜〜〜。

で、そういう色んな情報を知った上で、

私は愛を選びますよ〜〜〜♡



ごきげんよう〜♡

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは☆

イベントの報告しまーす☆

実は~、告知しませんでしたが、今日、例の3本立ての会やったんです☆

前回やったとき、今月の今日なら行けるから同じイベントやってくれませんかというお声がかかり、その方たちでもう定員いっぱいだったんですよね♪
ありがたいことです!

さて、今回は昼14時から18時半までの会でした。参加者は5名。

まずは、マクロビごはんをみんなで食べました。

画像1




どどーん!*\(^o^)/*









画像1


左奥から、
カボチャのカレーニラいため、
大根シソゴマあえ、
ナスのモロヘイヤしょうが醤油おひたし。








画像1

左奥から、
大豆ミートと野菜の甘辛炒め、
人参とズッキーニのナッツパセリあえ、
そうめんカボチャと海草の酢の物。





画像1



デザートは、
カボチャ餡の雑穀ボール。



それと、参加者の方がゼリーを作ってきてくださいました。写真なくてすみません。

その方はマクロビオティックやられてるわけではないのですが、ご飯を炊くときや、野菜茹でに土鍋を使ったり、砂糖やみりんを料理にあまり使わなかったり、なんとなく感覚がマクロビちっくでした。
すごいな~、繊細な感覚をお持ちでした。

ゼリーにはりんごをそのまましぼった汁を使ったそうでとても美味しかったです。


そんな感じでほのぼのしたあと、シナリーの化粧品でお手入れ。

今回は同じ職場の方々が集まっていたので、とってもワイワイにぎやかでした。



イメージは職場の昼休み?!

後輩A「あれ?B先輩、今日肌つやつやきれいですね!」

先輩B「そうなの、今日ちょっと自然派化粧品でお手入れしてもらったのよね~!」

後輩A「そういえば、先輩いつもファンデぬってませんでしたよね?」

先輩B「そう、私肌弱いからね~、あとめんどくさいからね~。」

後輩A「何か今日のそのファンデ塗ってるほうがナチュラルですよ?!いつものが厚塗りみたいに見えます。笑」

先輩B「笑!ほんとに?あ、ほんとだ、ナチュラル!!意外と超なじんでる…!」

後輩A「あれ?Cちゃんも手入れしてもらったの?いつもメイクしてないから、すごい変わったね。大人~!」

後輩C「…(照れ)」

先輩B「ほんとだ、いいじゃん!いつもお化粧してきなよ!」

後輩A「そうだよ~!しかも、そのリップの色いい~!私もやりた~い!」

ってな感じでした。(*^o^*)



やっぱ、女性は綺麗になることにワクワクするというか、好きなんですね~☆

私もメイクやらせていただいてとても楽しかったです。

そして喜んでいただけて嬉しかったです(*^^*)

シナリーは、安心安全で、使いやすくて、本当にきれいになれますからね♪

一緒に綺麗になりましょう♡


そして最後は骨盤矯正エクササイズです。

画像1

指導のさきさんも、とっても様になってきましたよ。

今回は経絡のお話もしていて、足のマッサージからはじまりました。

体には、経絡という、エネルギーの流れる道があって、その流れがよくなるようにマッサージすると、体の調子が整いやすくなります。

手先、足先はその経絡が始まるところなので、マッサージで刺激すると良いですよ~というお話でした。


そういえば、今日は合間にさきさんが参加者二人にマッサージしていました。
ほんとに色々てんこ盛りな会ですね。我ながら。
それ見てたら私もマッサージしたくなりました☆
受ける側でなく、やる側です♪
実は私もマッサージ店で働いていたのでマッサージできるのです♡

いつでもご指名ください♡


マッサージすると、何故か私も癒されるんですよね…☆
人にしたことは、返ってくるからかな。


はい、そんな今日のイベントでした。



ここで、今後の予定をお知らせしまーす。


○9月16日@豊科交流学習センター「きぼう」
シナリー/ これからの化粧品の選び方セミナー
10時~12時
まあるん企画ではないので、当日私が参加するかは不明ですが、参考までに。


○9月28日@茅野市金沢、故郷カフェ
まあるん/ これからの化粧品、日用品についての勉強会&シナリー体験会
9時~12時
参加費500円/ 託児あり


○9月28日@茅野市金沢、故郷カフェ
まあるん/ マクロビオティックカフェ
1000円 12時半~

*ちなみに同日19時からは1500円でお酒あり。お酒はマクロビオティックじゃないですが。


○10月27日@下諏訪キレイプロジェクト
まあるん/ シャンプーの選び方講座
&香りの選び方講座
10時から各2回あります。


まあるんの活動、活発化してきました。

本当にみなさんのおかげ様です。

ありがとうございます♡


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんわ。
一週間ぶりくらいに今日は畑にいきました。

画像1


モリモリすぎて何がなんだか。
雑草パラダイスだよ。ワーイ!










画像1

ゴボウがでかいぞ、ワーイ!












画像1

マッツワイルドチェリーという、
トマトの原種に近いトマト。
つまりは今のでっかいトマトの先祖。

きれいね〜、可愛いわねえ。。
我が子にうっとり。







画像1

ってしてたら、畑の前の家のおじさまとおばさまが登場。

カボチャくださいました。
でん。








画像1

梨をくださいました。
もしゃもしゃ。











画像1

カボチャはヘタは長めに切らないといたむの早いそうです。

おじさま、間違えて短くカボチャの実すれすれで切ってしまい、おばさまに怒られていました。

そして最終的に、私にどかっとくださいました。

ワーイ!!

ラッキーすぎる。

私、申し訳程度な量しかなかったですが、トマトを差し上げました。

もっと、沢山、何か差し上げられるように頑張るぞ!(>_<)

この、2週間ほどは、勝負な種蒔きの時期です!

これで遅れちゃうと、収穫が大幅に遅れてしまうそうです。


ああ、何蒔こう?!

大根食べたい、し、
春菊、ルッコラ、カブ、小松菜、、、

畑が小さくて場所がないぞ〜。。

やりくりせねば!


しかし、この、物々交換て素敵ですね。(*^o^*)

や、今回不公平感半端ないですけど!!(;^_^A

すいません。

でもこないだも、友達にきゅうりあげたら、調度ほしかったそうで、代わりにカボチャとじゃがいもいただきました♡


は!!

また不公平感漂う感じが!!

ずるいね、私!笑



では、代わりに皆様に愛を送ります♡笑

今日もいい夢見られますように♡

どうもありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんにちは。

あっというまにお盆が終わりました。ギャフ。

私、前回のブログにも載せました、疎開村のイベントのお手伝いをしてバタバタしておりました。 でも、とっても楽しくて癒されました。またそれも疎開村通信NETでアップしているので見てみてくださーい☆


で、イベント以外では、みんなのご飯を作るっていうお手伝いをしています。

それがまた楽しいこと。

画像1
いえ、けして昼間っから飲んだりなんかしてません。笑

画像4
野菜モリモリ…

画像5
ガツガツ盛る。

画像2
疎開村の故郷ファームでとれたかぼちゃを、

画像3
こんなふうにして食べました。
左はオリーブオイルと塩、コショウで焼いて、塩漬けキャベツを添えたもの。
右は焦がしガーリックネギ味噌で炒めたもの。
右のが人気でした。


みんなで食べるご飯は美味しい~~~。
「marinonのご飯が食べたい~!」って言ってもらえて嬉し~~~。

本当に私は幸せ者です♥…



さて!

今日お話したいのは添加物のこと。

この疎開村では、自然農で野菜を作って、お味噌も自分たちで作っています。

そういう野菜やお味噌は安心安全でおいしいです。

が、

そうなかなか簡単にできないと思うので、

せめてせめて。


(良質な調味料で)自分でご飯を作って自分で食べたら、
添加物さけられますし、美味しいし、楽しいですよ。


 
はあ。そうですか。

それで?(ポカーン)

って思った方!!!


是非オススメな本がありますよ。






この本はかなりバイブルです。
添加物の本て、難しい言葉がダーっと並んで、あれも危険、これも危険っていうのが多い印象なのですが。
これは読みやすいと思います。

恐怖を与えるだけじゃなく、どう向き合っていくべきか。
安部さんが家族でどういうふうに添加物から離れていったのか。
彼は添加物の会社で働いていました。
 


___blog: 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 より転載 (ここから)___



自分も家族も消費者だった……


「パパ、なんでそのミートボール、食べちゃいけないの?」

ミートボールの製造経緯に思いをはせていた私は、子どもたちの無邪気な声にはっと我に返りました。

「とにかくこれは食べちゃダメ、食べたらいかん!」

皿を取り上げ、説明にもならない説明をしながら、胸がつぶれる思いでした。

ドロドロのクズ肉に添加物をじゃぶじゃぶ投入してつくったミートボールを、わが子が大喜びで食べていたという現実。「ポリリン酸ナトリウム」「グリセリン脂肪酸エステル」「リン酸カルシウム」「赤色3号」「赤色102号」「ソルビン酸」「カラメル色素」……。それらを愛する子どもたちが平気で摂取していたという現実。

このミートボールは、それまでの私にとって誇りでした。本来なら使い道がなく廃棄されるようなものが食品として生きるのですから、環境にもやさしいし、1円でも安いものを求める主婦にとっては救いの神だとさえ思っていました。私が使った添加物は、国が認可したものばかりですから、食品産業の発展にも役立っているという自負もありました。

しかし、いまはっきりわかったのは、このミートボールは自分の子どもたちには食べてほしくないものだったということです。

━━━━そうだ、自分も、自分の家族も消費者だったのだ。

いままで自分は「つくる側」「売る側」の認識しかなかったけれども、自分は「買う側」の人間でもあるのだ。いまさらながらそう気づいたのです。その夜、私は一睡もできませんでした。

添加物のセールスこそが自分の生涯の仕事と決め、日本一の添加物屋になってみせると意気込んでここまでやってきた。添加物で日本の新しい食文化を築こうと本気で考えていた。しかし、自分の「生涯の仕事」は何かがおかしい。

なんのためらいもなく、添加物を売りさばくことしか頭になかった自分。営業成績が上がることをゲームのように楽しんでいた自分。職人の魂を売らせることに得意気になっていた自分……。

たとえは適切でないかもしれないが、軍事産業と同じだと思いました。人を殺傷する武器を売って懐を肥やす、あの「死の商人」たちと「同じ穴のむじな」ではないか。このままでは畳の上では死ねない━━━━そう思いました。


>>>「俺のところのハムは食べるなよ」━━━━自分の工場でつくったものを食べない人たち

そんなふうに考えはじめると、それまで聞き流していたさまざまな人の言葉が脳裏に浮かんできました。ある工場の工場長Aさんは、いつも「俺のところの特売用ハムはだめ。とても食べられたものじゃない」と言っていました。

漬物工場の経営者Bさんもよく「『価格破壊』の商品とはいえ、うちの漬物は買うなよ」と言っていました。塩漬けされた輸入品のくろずんだ野菜を使い、それを漂白した挙げ句、合成着色料で色をつけてごまかしているからです。

先ほど紹介したレンコン会社の社長Cさんも、「あのレンコンは自分では食べない」と言っていました。それも当然です。あの真っ黒な「廃材」みたいな色をしていたレンコンが、一瞬のうちに真っ白になる過程を見れば、まともな神経を持つ人間ならとても口にできないでしょう。
餃子屋のDさん、豆腐屋のEさんも、同じ。

「自分のところでつくっている食品は食べない」、そう言い切る人がどれだけいたことでしょう。

あるとき割引で買える社内販売カタログが回ってきた。そこには自分のところでつくっているアジの干物と、こだわりスーパーのアジの干物が並んでいる。パートのおばちゃんは全員、こだわりスーパーのアジの干物を選んだというのです。

自分の工場のものは、次々と「白い粉」を大量に流し込んでつくった添加物の液体に、アジを漬けてつくる。なかには刺激臭のあるものもあり、ゴホゴホとむせこみながら作業をするのです。それにひきかえ、こだわりスーパーのアジは無添加です。

おばちゃんたちには専門的な知識などないけれど、わけのわからない粉を大量に溶かし込んでつくった干物は、本能的に気持ち悪い、だから自分たちは食べない、というのです。


━━━━中略━━━━


>>>知らないうちに大量の添加物を食べている現実

さて、これまでの章では、食品の「裏側」、つまりどんな食品にどんな添加物が使われ、そしてどのようにつくられているのかといったお話をしてきました。そこで今度は、それを摂取する側の立場、すなわち消費者である私たちの立場で考えてみましょう。

さて、ここでもみなさんに質問です。そもそも私たちはいったい、1日にどれぐらいの添加物を口にしていると思いますか?きっとその量は、みなさんが自分で思っている以上だと思います。

一般的に日本人が摂取する添加物の量は、1日平均10グラムと言われています。

年間4キロです。日本人の食塩の摂取量が1日11~12グラムとされますから、それとほとんど同じ量の添加物を摂取していることになります。

しかし、この数字は人によって、また食生活によって、大きく異なってきます。自分でも知らないうちに添加物を口にしてしまっていることが往々にしてあるからです。

たとえばコンビニのおにぎり。どちらかというと添加物はあまり使われていないイメージがあるでしょう。しかし、ひっくり返して「裏」の表示を見てみれば、かなりの種類が使われていることに気がつきます。

たとえば、昆布の佃煮のおにぎりなら、「調味料(アミノ酸等)」「グリシン」「カラメル」「増粘多糖類」「ソルビット」「甘草」「ステビア」「ポリリジン」といった具合です。

また、おにぎりのご飯自体にも添加物が使われています。甘みを出しておいしくするために「アミノ酸」などの化学調味料や「酵素」が、保存性を高めるために「グリシン」などが入っています。それ以外にも、パサパサ感をなくし、照り・つやを出すために、また、機械で大量生産する際ひとつひとつが機械からはずれやすくなり、加えて食べるときにフィルムがするっと抜けるように、「乳化剤」や「植物油」が使われていたりするのです。

「今日はご飯を炊くのが面倒だから、コンビニのおにぎりで済ませましょう」、などといっておにぎりを買ってきたら、それだけで10種類近くの添加物を摂取してしまうことになるのです。


___blog: 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 より転載(ここまで)___
 

裏側って、全然見えないので、この方の暴露ってとても貴重に感じました。
どういう過程で普段口にしているものが出来ているのか、
イメージが浮かぶような具体的な書き方がされています。

添加物って、悪いって分かっているけどなかなか目に見えないから…
食べない、までいきづらいんですよね。

でも、こういう本を読んだらいくらか私はイメージつかめて、
やっぱりなるべく食べるのやめよう、と思いました。


ちなみに、添加物を食べていると体がどうなってくるのか…っていうのも
見えてこないからなかなか実感がわかないかもしれません。


色々言われてはいます。

花粉症、アレルギー、アトピー、喘息、低血糖症の原因になっているとか。

でも、これがこれ!という感じで明確に原因がつながってでてきていないので
逆に、添加物とるのをやめてみたら、体が好調になって、
「あ、添加物って負担だったんだ。」
って気づく感じもあるかもしれません。
なんとなくの日々の体のだるさや、感情の沈み、目に見えないもの。

今私たちはただ生きているだけであらゆる体に不要なもの、邪魔なものをとってしまっています。不可抗力もあればみずからお金を払ってとっているものまで。

それらによって体は本来の力を発揮できないでいます。


私たちの体は本来はとても強くて美しいのです。



この国で使われている添加物は国で検査されて認可されてはいますが、
その検査というのも、例えば「この添加物をマウスに100g与えたら死んだから
人間には1gまでなら大丈夫ということにしよう。」というような感じだそうです。
(極端な表現ですが。)

これは1種類にたいしての検査なので、
他の種類のものと一緒に取り入れていったときにどうなるかは、
誰も何もわからない状態なのだそうです。

おにぎり1個の中にですら既に複数の添加物が使われているというのに。


ぎゃ~~~。


私は元気で健康できれいでいたいです~~~。


赤ちゃんも元気にすくすく育って欲しいです~~~。


知識をつけて、この混沌な現代をうまく楽しくいきぬきましょう~~~♪



さて、ちなみに、ここらへん(諏訪)では、いちやまマート
添加物に気を付けている商品を扱っています。

いちやまマートの社長さんはなんと安部さんとご友人なんだそうです。

びっくりですね。

こういうスーパーがもっと増えたらいいですね。


あ、あと岡谷のカンビオも良いですよ。
自然食品店です。



はい!

今日のご飯はベジビビンバだよ~ん。

画像1

ではでは。

読んでくださってどうもありがとうございます。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ