まあるく生きる、m a a r u n

みーーんなに優しい暮らしをしたら、きっと世界は平和で楽しくなる。
そんな思いから、食事はマクロビオティック、脱石油100%の化粧品・日用品を使い、
自然農法を学び、たまーに着物を着て、まあるく生きています。
地球にも人にも優しい、食事と美容と畑と着物のおはなし。

もう一度言いますよ! >。<
これは、秋の始まり頃に訪問させていただいた、先輩ファームの報告を
今更しているのです…!!!うう ;。; 

でもいいですよねっ♡

今日ご紹介するのは、原村ぐるぐるピース市でであったぶっちーさん。 

画像1
 農園、縁側(えんがわ)

画像2
ぶっちーさんは自然農と慣行農のあいのこ?みたいな感じの独自スタイルを持ってらっしゃいます 。
あ、でも、農薬も化学肥料も使わない、安心安全お野菜ですよ。

じゃあ、何があいのこなの?

それは、ぶっちーさんの畑を見たらわかるかもしれません。

画像2
じゃん。

画像8
ちなみにユーポンさんの畑。

違いわかりました?
全然雑草が生えていないんです。
そして黒のビニールマルチ。整然とした感じ。
一見、他の普通の慣行農業しているところみたいなのです。

自然農をやってらっしゃる方はわかるかもしれませんが、自然農は、
土を裸にしないで他の植物を適度にはやし、他の生き物(虫や微生物)が住める環境にして、自然の循環を壊さないで、野菜も自然の循環の一部として育てていきます。
そうすることで、農薬も化学肥料もいらなくなるのですが、ぶっちーさんの畑は草も生えてなくてどうしているのでしょう?

それがぶっちーさんの畑の面白いところ。

実は、畑一周ぐるりを大麦をまいて覆うそうです。今は季節が終わり、刈ってあるので写真に残っていませんが。そうすることで虫の住む場所を確保する。

そして駐車場の雑草をある程度生やしては、ちょっと残して刈る。そこに、低い高さの草に住む虫を確保する。

そして、土の中の循環。雑草も生えて無く裸で、有機物がなさそうだけどどうしているのか。
画像12
どん。なんだろう?鶏糞です。
変なものを食べてる鶏じゃないので、くさい匂いがぜんっぜんしないんです。

画像13
ぶっちーさんは、これに、畑の土、蟹ガラ、糖蜜を混ぜて発酵させて、土の中の循環を再現しています。
本来土の中には枯れた植物や生き物の死骸が混ざり、それを微生物が分解し、その栄養をまた植物が吸い上げて、という循環が行われているのです。

画像3
えーっとえーっと、まとめると、
ぶっちーさんは、雑草がなく整備された畑で、
人口的に自然農の循環を再現し、農薬も化学肥料も使わずに野菜を作っているのです。

画像4
 それってちょっと画期的?!と私はびっくりしたのです。

何故か?

自然農をやるときに、誰もが皆といっていいほどぶつかるのが、
「雑草に関するご近所(あるいは地主)との軋轢」
なんです。

大半の人が今やっている慣行農業は、雑草や虫が天敵。
雑草ちょっとでも生やそうものなら、
「野菜に栄養がいかなくなる!」
「虫がつく!」
「種がとぶ、うちの畑に飛ぶ前にかりなさい!」
と言われてしまいます。。。

その点、このやり方なら、ご近所さんとも仲良くやっていけれます♪

実際ぶっちーさんは周りの方ととてもうまくやってらっしゃいます。
お人柄もめちゃくちゃいいですからね☆

前回のユーポンさんも、地主さんとも周りの方ともとてもうまくやってらっしゃるようでしたし。
ご近所付き合いは重要ポイントですね。


そして、ラストは農園 縁側さんのメインの野菜。
画像6
わかりますか?

ほうずきです。

画像7
画像8
ずらーーーーーっとほうずき。

私はこのほうずきの大ファンです♡
めちゃくちゃおいしいんです!!

トマトのような、フルーツのような、
すっぱ甘くて、独特の香りというか後味。ちょっとココナッツぽいような。
画像1
ああ〜〜〜輝いてる〜〜〜ぅ♡♡♡

くせになりますよ☆

是非、お試し有れ♪

カンビオさんで買えるかもです。


十人十色な畑、勉強になります。
ありがとうございました。




 

ついこないだ、京ちゃんがお友達に、マコモをいただきました。

マコモ?

ってナンデスカ?

って方多いですよね、きっと。

私は玄米菜食を広めてくださっている若杉ばあちゃんが
マコモ、マコモっていっていて知りました。



まず、若杉ばあちゃんが誰?みたいな方も多いかもしれないっ (; ̄Д ̄)
70になってもすっごく元気で腰も曲がらず、髪も肌もつやつやで、
玄米菜食を薦めてらっしゃって、日本の古くからの食の知恵を伝えて下さってる方です。
で、特に野草の知識が豊富なのです。

そういう方が薦めるマコモって?

画像1

こんなのです。
初めて見ました、はい。

そしてこんなサイトみつけました。

菰野の真菰

三重県菰野町の特産品らしいです。






(菰野の真菰から転載)

元はこんな見た目のイネ科の植物だそうです。
何なに…?

食物繊維が豊富で、ビタミンB1・B2、カルシウム・鉄などのミネラル、クロロフィルを含有する。 これらの成分が消化を促進し、腸内の善玉菌を増やして慢性疾患を予防、血圧や血糖値の低下、免疫力の強化などに有効といわれています。(菰野の真菰から引用) 

ほほう。

まこもは広く東アジアの冷・温帯に分布し、中国では「菰」と呼ばれ、台湾では現在も栽培され、まこもの若芽料理などは強精強壮食として日常的に食べられています。日本では薬膳料理にも使われることもあります。
また、秋に茎が肥大しマコモタケと呼ばれるものができることがありますが、内部には白い髄組織が詰まっていて非常に軟らかく、シャキシャキとした独特の食感があります。このマコモタケは、中華料理の高級食材として扱われ、油炒め、スープ、塩味炒め、蒸し物など幅広く使われ、和食では、味噌和えや天ぷら、フライ、炊込みご飯、サラダ、煮込み、春巻き、味噌汁などにするとおいしくいただけます。
まこもの穂は、よく「五穀」と言われますが、米よりもはるかに古い穀物として栽培されていたまこもを入れて、古代では「六穀」だったと言われています。また、北米などでは真菰の実をワイルドライスと言い、代表的な料理で野鳥のお腹に詰めたものがあります。
(菰野の真菰から引用) 
 
マコモタケと呼ばれるものができることがある…って結構レアものなんですか?!
そしてワイルドライスがまさかマコモの穂とは!!
知りませんでした〜〜。

まこもは水質浄化の働きがあり、霞ヶ浦や琵琶湖を始め、ラムサール条約に指定されている伊豆沼・内沼(宮城県)などでまこもを使った水質浄化事業が行われています。
(菰野の真菰から引用) 

ええ!いいじゃない、諏訪湖周りに植えましょうよ!?

マコモの用途→
・神事用   茅の輪(茎葉)、しめ縄(茎葉)。
・宗教用   盆ござ(茎葉)、カヤカヤ馬(茎葉)、精霊舟(茎葉)。
・包装用   チマオグサ(葉)、ようかん(葉)。
・敷物用   ムシロ(茎葉)。
・食 用   芽(菰菜)、マコモタケ(肥大茎)、実(菰米・ 種実)。
・被服用   日のみ(茎葉)、雨のみ(茎葉)。
・肥料用   緑餌(茎葉)。 ・飼料用   緑餌(茎葉)。
・飲料用   マコモ(葉)。
(菰野の真菰から引用) 
 
ええ!めちゃ使えるし!
古事記とかにも載っていたくらい古くから日本にある植物のようです。
なんでこんなに色々よさそうなのに、すたれたというか、みんなもう知らないんでしょう?

もったいないですね。

私いつも、あの諏訪湖から流れる川沿いの、通勤バイパスのとこのすすきかなんか、
たっくさんあるけど、ぜーんぶ雑穀だったらいいのにとか考えてました。

水浄化するならマコモにすればいいですね。ウンウン。


あ、それで、食べましたよ、食べましたよ!


お、い、し、す、ぎ。

って、味っていう味ないんですけど、
調理の仕方で食感が変化するんですよ。
タケノコのような、ウリのような。
この食感くせになります。
タケノコより調理しやすいですしね!

画像3
まず皮むきむき。

画像2

 左から、細切りにして辛味噌中華炒め。マコモシャキシャキ。
輪切りで味噌汁に。マコモ柔らか、でも歯ごたえあり。
大きめ斜め切りで、おろしがけ甘じょっぱ煮。マコモ食べ応えありな感じ。

油と相性いいかもしれません。炒め物が◎

画像4
焼きマコモの甘酢あんかけ。これもなかなか。

画像5
磯辺天ぷら。これは大ヒット!タケノコのような感じ。

画像2
味噌煮込み。しっかりした味付けが美味しいかもしれません。

画像1
奥が、揚げギョウザ。
細切りにした、マコモと人参と玉ねぎを塩コショウして炒めたものを詰め、
ソースはトマトケチャップとトマトと醤油と生姜をいれて、片栗粉でとろみをつけたもの。
これも大ヒット!

手前は、ゴボウの蒲焼きに続く、マコモの蒲焼き!
無論、うましです!
マコモは下ゆでなしで揚げました。


…以上!!

マコモレポートでした!!

まゆゆさん、ありがとうございました♡ 
 
皆さんも、機会があればマコモチャレンジしてみてください! 
美味しいですよ☆

ありがとうございました! 

 

こ、ん、に、ち、わ!!!

遅くなってごめんなさーい!なんですが、
きれいになろうよ!プロジェクトの結果、聞きたいですか?!(*^^*)うふふ。
画像1

て、いうか、聞いてくださいよ、お願いします。

プロジェクトはですね~!


画像5
笑いあり、

画像2
発見あり、

画像6
納得あり、

画像4
涙あり!

の、

画像1
大成功でしたよ〜♡♡♡
 

ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました!


どんな感じだったかといいますと、
講座は時間になったら始まるというよりは、
希望者が集まったら始めるという感じでやりました。

そして、3つの体験コーナーをテーブルに設置して、皆さんそれぞれご興味あるものを体験していただきました。

①頭皮のチェックコーナー
 //カメラを使って頭皮のアップ写真を取り、パソコン上でチェック。
→普段ではみられない、毛穴のつまりや乾燥を発見!皆さん結構驚きの結果が…!!

②パルファンコーナー
 //シナリーのパルファンという天然香料の香水5種類をお試し。
→合成香料では感じれない、クリアな気持ち良さのある香りに感激していただけました。
ただ、いいにおいなのではないんですよね。身体が気持ちいい!!って感じる香りなのです。

③メイクアップコーナー
 //シナリー製品を使ってメイクアップ体験。
→安心安全なのに、色もキレイで使い勝手が良い、そんなメイクシリーズで一段ときれいに。


いや〜〜本当にいいイベントでした。下諏訪未来プロジェクトの皆さんにも大感謝ですね。

下諏訪を盛り上げるお手伝いを少しでもできたかな?と思うとそれも嬉しいです。



で、なんで泣いてんですか?って感じなのですけど。笑

もちろん感動、嬉し泣きですよ☆


も〜〜ええ話や〜〜ってことがありまして。



私の相方、さきさんが、やってくれました。
最後の最後で。っていうか当日は終始すばらしく働いてくださってたのですが。

中学生女子3人組が近くをふら〜っと通ったのですが、
さきさんが「良かったらパルファンをかいでってみて〜♪」と声をかけまして。

3人とも興味津々、「私ブルーかな。」「わ〜ピンクすごい!」「あ、いい匂い!」
なんてかいでってくれたのです。

そのあとさきさんが、シナリーの説明。

いつも、大人の女性な感じできちんと誠実な感じでシナリーのお話をしているさきさんが、

普段のあのおどけた楽しい感じの話し方で、でも芯のある真剣さを忍ばせながら、

中学生にわかるようにお話していました。

 「今、石油化学製品が身体に与える影響っていうのがすごく問題になっていてね、
みんなはこれからもっと大きくなって、いずれお母さんになっていくでしょ?
すごく大事な時期なんだよ〜、だからちょっと、こういうことを勉強してね、
考えていって欲しいなって思うんだよ〜。」

お母さんになる

その言葉のときに、中学生たちのまなざしがきりっとしたような気がしました。
どこかでやっぱり、女性の意識がしっかりあるのかなっていうのを感じました。
子宮頸癌や乳がんが増えていることも知っているようでした。

「みんなのね、将来のためにも、100年後の未来のためにも、大事なことなんだよ〜 ^_~☆」


うう〜〜。さきさん。その言葉にさきさんの思いがこもっているのをびしばし感じて、私は泣いてしまったんだよ〜〜。。。。。そんな私の気持ちはつゆ知らず、「マリノが泣いてる〜笑」とかいってぱしゃぱしゃ写真をとったさきさんなのでした。笑泣



シナリーのことをお話するときに、やっぱり強く思うのは、


子供たちの未来を守りたい


ってこと。

身体にも、環境にも良くないものが、当たり前に売られる世の中は本当変えたいです。


さきさんは、教育にも興味があって子供が大好き。だからより、その思いが強いと思います。
前、小学校とか中学校とか高校とかに、話しにいきたいよねって話していました。
本当にそれができたらいいな〜〜いつか。いつか。

山形は、シナリーの知名度が高くて、中学校でも、シナリーの人を呼んで化学物質の危険性を学ぶ会みたいのをやったりするそうです。

長野もそんなふうにするぞ〜〜〜!

あ、ちょっと大きく言い過ぎたかな?
せめて、諏訪。


目の前の問題でいっぱいいっぱいで、未来の事まで考えてなんてできないってよく聞きますが…、
未来のことを考えないと、目の前の小さな問題にとらわれてしまうのではないかなと思ってしまいます。
未来のことを考えたら、その問題って案外大したことないかもしれませんよ? 
というか本当は何が大事なのかが見えてきて、ムダなことに時間も、お金も、労力も、かけなくなりますよ。 



++++++++++++++++++++++++++++++++

さて〜〜〜〜〜〜!!!!

次回のイベントは〜〜〜〜〜〜!!!!

メイクアップ講座やりますよ〜〜〜〜〜〜!!!!

早速前回のセミナー(…の様子はこちら)で伝授していただいたテクを皆さんにお伝えして、
みんなでやってみましょう〜〜の会です。

日にち/ 11月9日 土曜日
場所/ 諏訪湖ハイツ315号室
時間/ 10:00〜12:00
費用/ 無料

ご希望あれば、今回の講座内容もお話します。
相変わらずフレキシブルなので、マッサージやって〜とかあれば、
リクエストしてください!笑

参加希望の方は、このブログにメッセージか
marino.kodaアットマークgmail.comにご連絡ください。 

+++++++++++++++++++++++++++++++++


では、本日も楽しい一日をお過ごしください☆
ありがとうございました☆

 

このページのトップヘ